東京の冬は、年々短くなっているようです。そして、寒いんだか寒くないんだか、ダウンジャケットは出す? 出さない? お気に入りの黒いコートはいつ着よう、なんて考えているうちに、もう3月ではありませんか。そろそろ春物への衣替えのことを考えながら、コーディネートの予定を立てようかなと思います。厚手のものからクリーニングに出す前に、袖口や肘の辺りの擦り切れを確認して、必要であればお直しに出します。直していただいて、戻ってきたコートを次の冬に着ることを楽しみにするのは、お洋服との付き合い方としてなかなか良いものです。

「ダッフルコートに憧れていました」

丸い竹のトグルボタンが付いている茶色のツイードのダッフルコートは、20代の後半に好んで着ていた「rim」というユニセックスのブランドのものです。袖口の擦り切れを直してもらうのに、今までに2度、修理に出して袖丈を詰めてもらいました。少しサイズにゆとりがあって良かったなと思います。
20歳くらいだったでしょうか、ダッフルコートに憧れのあったわたしは初めてのダッフルコートに、ラルフ・ローレンの素朴でざっくりと大きなメンズのものを選びました。粗めのウール生地、木製のトグル、それを留める紐は麻、裏地は無し。柄はブラックウォッチのタータンチェック。ダッフルコートとしてはとても気に入って何年も着ましたが、ある時、裏地が無いことで中に着ているニットやウール素材のものが毛玉になりやすいことに気が付きました。大人になるにつれ、もう少し整ったおしゃれをすべきなのか、そう考えたわたしは次のダッフルコートを探すことにしたのです。きれいに見えて硬過ぎず、わたしが着られてしまわないものはないかしら。そう思っていた時に出会った「rim」のダッフルコートは、25年以上わたしの冬を支えてくれています。

「襟元に友の愛」

ある日、ダッフルコートの付属品の「チンストラップ」という襟元を合わせるための短いベルトを落としてしまいました。片方のボタンを外したつもりが両方とも外してしまったのか、気が付いたら失くしてしまっていたのです。コートの付属品を失くすなんて、自分のうっかり加減にもがっかりし、その時にはブランドも終了していて別注も叶わず、ダッフルコートを着る度に「足りない」という気持ちがうっすらと残るようになってしまいました。以来、「チンストラップ」のない襟元はすうすうすうすうするので、マフラーやストールを巻いて「足りない」を補うことにしています。
昨年の誕生日のプレゼントに友よりいただいたネパールの織物のストールは、とてもやわらかくて気持ちが良いのです。色はわたしの大好きなピンクと赤のコンビネーション。寒い襟元に友の愛を巻く贅沢よ。

<今月のおしゃれ横丁>
ダッフルコート:rim(リム)
ストール:SRUJE Karuizawa(スルジェ 軽井沢)


*画像・文章の転載はご遠慮ください