『ラ・ラ・ランド』© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.



世界最高峰の映画の祭典「アカデミー賞」。
今年は3月10日(アメリカ現地時間)に授賞式が行われますが、昨年は『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が作品賞を含む7冠と圧勝し、ミシェル・ヨーがアジア系として史上初の主演女優賞に輝いたことが大きなニュースとなりました。
そこで今回は、歴代主演女優賞受賞者の中から3名を独断で選んで出演作をご紹介します。

60歳での栄冠!
ミシェル・ヨー『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

© 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

 昨年の授賞式で最も輝いていたのが、オスカー像を手にしたミシェル・ヨー。60歳のアジア系女優の快挙に、大きな拍手と歓声が起こりました。

 中国系マレーシア人のミシェルは、バレリーナになる夢を諦めた後、ミス・マレーシアに選出。1984年に映画デビューすると、『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997年)でボンドガールを務めてハリウッドへ進出し、『グリーン・デスティニー』などに出演してアジアを代表するアクション女優となりました。
 とはいえ、ハリウッドにおいてアジア系であるがゆえの苦労は多く、しかも女優は年齢を重ねるにつれて役を得る機会が減っていくのが常。そんななかでの受賞に、晴れやかな笑顔を見せていました。

© 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

 受賞作がどんな映画かというと、一言でいえば、ハチャメチャ映画。

 コインランドリーを経営する中国系移民一家の妻であり母であるエヴリンが夫と父を伴って税務署に行くと、突然、“別の宇宙の夫”から宇宙の命運を託され、マルチバース(多元宇宙)へジャンプして宇宙の脅威と闘うことになり……。
SF、アクション、コメディ、移民やLGBTQといったマイノリティ問題、家族愛などを詰め込んだ斬新な作品ですが、このような荒唐無稽な世界に説得力を持たせることができたのは、キャリアと実力を誇るミシェル・ヨーがいてこそ。平凡な中年女性も、異世界のカンフーの達人も、どちらも演じられるのが彼女の強みです。

© 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

 だいぶ前のこと、筆者は2005年に来日したミシェル・ヨーに取材をする機会に恵まれましたが、コップの水を飲む一連の動作があまりにも美しかったことを今でも覚えています。
 将来について「運命はめぐりめぐるもの。チャンスをつかんで、ベストを尽くすだけです」と語っていた彼女ですが、その通りに努力を続けて勝ち取った栄冠に、多くの人々が勇気づけられたことでしょう。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

2022年製作

Blu-ray ¥5,390/DVD ¥4,290
発売元・販売元:ギャガ


今年もノミネート!
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』

© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 2017年の第89回アカデミー賞で主演女優賞を獲得したのは、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン。
 オーディションに落ちてばかりの女優とジャズピアニストの恋をロマンティックに描いたミュージカル映画です。
 夢を追う男女が互いの才能に惹かれて恋に落ちるものの……、という王道ストーリーですが、古き良きハリウッド映画を彷彿させるカラフルで美しく少し切ない世界に浸ることができるでしょう。

© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングはともに歌とダンスを披露し、高く評価され、それぞれノミネートされました。受賞はエマのみでしたが、2人の息はぴったりで、スクリーンでの相性も良く、上質な恋愛映画の心地よさを生み出していました。

© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 そして、今年もエマは『哀れなるものたち』で主演女優賞の候補にあがっていて、前哨戦といわれるゴールデングローブ賞では最優秀主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞と、さらなる飛躍を遂げています。
 ライアンも今年は『バービー』のケン役で、ゴールデングローブ賞とアカデミー賞ともに助演男優賞にノミネート。2人の今年の結果も気になるところです。

『ラ・ラ・ランド』

2016年製作

デジタル配信中
4K ULTRA HD ¥ 8,580/Blu-ray ¥ 2,750/DVD ¥ 1,980
発売元:ギャガ
販売元:ポニーキャニオン


魅力満開の痛快作!
ジュリア・ロバーツ『エリン・ブロコビッチ』

© 2000 Universal City Studios, Inc. and Palisade Investors, LLC. All Rights Reserved.

『プリティ・ウーマン』(1990年)で一躍スターとなったジュリア・ロバーツが、アカデミー賞で主演女優賞を獲得したのが2000年の映画『エリン・ブロコビッチ』です。

 胸元が露わなキャミソールにミニスカート、という出で立ちで職探しに奔走し、幼い子ども3人を育てるシングルマザーのエリン。

© 2000 Universal City Studios, Inc. and Palisade Investors, LLC. All Rights Reserved.

 無職で金欠の彼女は、交通事故の裁判で知り合った弁護士エドの事務所に押しかけて自分を雇うように迫ります。
 そんなエリンは、ある書類から地元の大企業が引き起こした水質汚染に気付き、大企業相手の訴訟に乗り出します。

© 2000 Universal City Studios, Inc. and Palisade Investors, LLC. All Rights Reserved.

 実話をもとにしたサクセス・ストーリーで(エリン・ブロコビッチ本人がウェイトレス役でワンシーン登場)、ジュリア・ロバーツの魅力が全開の作品。
 セクシーなのにいやらしくなく、実直そうで、明るくて、親しみやすい。そんなジュリアが演じるエリンが被害住民の信頼を勝ち得て訴訟準備を進め、自分を見下す同業者をやりこめ、大企業の闇を暴いていく姿が痛快です。

 最近のジュリアは以前ほど出演本数は多くないものの、主演したNetflix映画『終わらない週末』がヒットするなど、相変わらずの人気ぶりです。

『エリン・ブロコビッチ』

2000年製作

デジタル配信中
Blu-ray ¥2,619/DVD ¥ 1,551
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※価格は、断りのある場合を除き、消費税込みで表示しています
※この記事の内容および、掲載商品の販売有無・価格などは2024年3月時点の情報です。販売が終了している場合や、価格改定が行われている場合があります。ご了承ください