あれこれ調理道具を取り出すことなくお鍋ひとつで、スペシャルなごちそうが食べたい!
お鍋の中で「焼く」「炒める」「煮込む」を完結させれば食材のうまみを逃さない濃厚な料理が完成します。
食卓が華やぎ、食欲も刺激するレシピを料理家・堤人美さんが教えてくれました。

教えてくれたのは・・・
料理家
堤 人美さん
作る人にも食べる人にも寄り添った、家庭に馴染むレシピが人気。食材を活かしながら、シンプルかつ新しい気づきのある料理にファン多数。テレビ・雑誌でレシピ提案を行う。近著に『小さなひと皿100 大人のためのおかずとつまみ』(新星出版社)など。

大人味のハッシュドビーフ風

牛肉とにんじん、トマトのウスターソース煮込み

材料[ 2人分 ]
牛カレー用(すね肉など) … 400g
塩・こしょう … 各小さじ1/3
薄力粉 … 適量
にんじん(半分に切って斜め薄切り) … 11/2本
にんじん(乱切り) … 11/2本
にんにく(薄切り) … 1かけ
バター … 大さじ1+大さじ1
赤ワイン … 1カップ
水 … 1カップ
トマト水煮缶(はさみで切る) … 1缶
ウスターソース … 50mL
ローリエ … 1枚
塩 … 小さじ1/2

作り方
1. 牛肉に塩・こしょうをふり、薄力粉をたっぷりはたく。

2. フライパンにバター大さじ1を熱し、1を中火で全面2分ずつこんがりと焼く。薄切りのにんじん、にんにくを加えてふたをし、弱火でじっくりと炒める。赤ワインを加え半量になるまで強火で煮立たせる。

3. 乱切りのにんじん、水、トマト缶、ウスターソース、ローリエを加えて煮立たせる。アクを除いてふたをずらし、弱めの中火で40分ほど煮込む。仕上げに塩、バター大さじ1で味を調える。

おいしさアップのポイント

ウスターソースはたっぷり50mL。ケチャップなどは入れず大人の風味を出す。

ワインに合うごちそうメインディッシュ

豚スペアリブのトマト煮込み

材料[ 2人分 ]
豚スペアリブ … 8本
塩 … 小さじ1/3
こしょう … 少々
にんにく(つぶす) … 1かけ
玉ねぎ(薄切り) … 1/2個

〔A〕
トマト水煮缶(つぶす) … 1缶
水 … 1カップ
酒 … 大さじ2

しょうゆ … 小さじ1
オリーブ油 … 小さじ2
ローズマリー … 適量

作り方
1. スペアリブの筋を包丁で切る。水気をふき、塩・こしょうをふる。

2. 鍋にオリーブ油を加えて熱し、にんにくを香りが出るまで弱火で炒める。中火にして1を鍋に並べ、3分ほど転がしながら焼く。出てきた脂はふき取る。

3. 2に玉ねぎを加えてふたをし、5分ほどしんなりするまで炒める。Aを加えて中火で20分ほど煮込む。塩・こしょう少々(分量外)で調味し、しょうゆで味を調える。器に盛りローズマリーを添える。

おいしさアップのポイント

スペアリブの筋を包丁で切ると、味が染みやすくなるほか、身がほぐれやすくなる。

白菜×レモンで軽やかな味わい

白菜とカニのレモンクリームシチュー

材料[ 2人分 ]
玉ねぎ(薄切り) … 1/2個
白菜(3㎝角にざく切り) … 250g
カニの身 … 100g
バター … 大さじ3
薄力粉 … 大さじ3
水 … 1カップ
レモン汁 … 小さじ2
牛乳 … 1カップ
生クリーム … 1カップ(牛乳で代用可)
塩 … 小さじ1/3
こしょう … 少々

作り方
1. フライパンにバターを入れ、中火で溶かす。玉ねぎと白菜を1分半ほど炒め合わせる。薄力粉を全体に加え入れて炒め、水とレモン汁を加え、混ぜながら煮立てる。

2. 煮立ったらカニ、牛乳と生クリームを加えて、とろみがつきなめらかになるまで2分ほど煮る。塩・こしょうで調味する。器に盛り、レモン(分量外)を添えて絞っていただく。

おいしさアップのポイント

先にレモン汁を加えることで、牛乳を入れて加熱してもダマにならない。


撮影/安彦幸枝 スタイリング/来住昌美

大人のおしゃれ手帖2022年2月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください