今回のテーマは美容のこと。
お話を伺ったのはヘア・メイクアップアーティストの山本浩未さん。
「メイクとは自分自身の気持ちをポジティブに変革するもの」と山本さんが言うように、メイクをすることは大人の世代にとって心の栄養にもなるようです。

お話を伺ったのは・・・
ヘア・メイクアップアーティスト
山本浩未さん
広島県福山市出身。資生堂美容学校卒業後、資生堂ビューティークリエーション研究所にてヘア・メイクアップアーティストとして従事。1992年フリーとなる。今すぐ実践できるメイクテクニックを発信し、メイクのみならず、気持ちが元気になるポジティブな美容理論を伝える著書多数。近著に「60歳ひとりぐらし 毎日楽しい理由:家族がいてもいなくても、自分=ひとりで楽しめるヒント」(小学館)がある。毎日12 時15 分から10分間行う、インスタライブのライブ配信「毎日Beauty Live」も人気。@hiromicoy


メイクは自分を労わり愛することにつながる

平井さん(以下、平):体と心を整えるための様々なことを今まで5人の方に伺ってきました。最後は自分を喜ばせるメイクのことを改めて知りたくて。50歳を過ぎて、自分の肌が圧倒的に変わったことを感じています。ハリがなくなり、カサカサするようになり。そうするとシミとかシワとかが目立ってくる……。以前はスキンケアもしないで、疲れて寝ちゃったりしていましたが、いよいよそういうわけにはいかない!と。

山本(以下、山):50歳はね、ターニングポイントですよ。私も50歳になったとき、「あ、変わったな」という見た目だけじゃなくて、「あ、人生下り坂しかないんだな」って絶望感に苛まれたんです。見かけの衰え、健康の衰えも実感するし、特に女性は更年期で気持ちが上下するから落ち込みも激しかったですね。

平: 鏡を見て、自分の顔が変わったことに愕然とします……。

山: スキンケアはしてきていましたか?

平: いろいろ試してはいましたけど、メイクはほとんど気にしてこなかったんです。そして「やり方がわからない!」と50歳を過ぎてやっと……。

山: そのジタバタをやるのが、50代なんだよね。更年期と一緒にジタバタして、自分に納得つけていくっていう作業をしていく感じかな。そしてそんな自分の背中をもう一度押してくれるのがメイクなんです。大人になってくると中身と外見にギャップが出てくるじゃないですか。簡単にいうと萎びた野菜。だから、50度のお湯で水揚げしてあげたり、料理のやり方で手をかけて、傷んだところを取って、美味しくすることが必要なんですよね。それと同じで、人も50度の蒸しタオルで血行を良くしてあげて、メイクに手をかけて美しくすることが必要になってくる。

平: 世代に合ったメイクがあるんでしょうか? 今の流行に合わせるというのも違いますよね。

山: 違いますね。大人の場合は自身のキャラクターに合ったメイクをすればいいと思うんです。流行りのメイクというよりは、流行を少し取り入れつつ、キャラにあったメイクをするのが大切。メイクはみんな違っていいんです。例えばナチュラルな服が好きな人は、軽めのメイクのほうが似合うし、スーツを着る仕事の人はしっかりファンデーションをつけたほうがいいし。ただ、古いメイク道具を使っていると古臭くなっちゃうから、新しいものを使った方がいいですね。新しいアイテムを使うだけで違いますよ。

平: この間、赤いマスカラを買ってみたんです!

山: 素敵! そう、その感覚です。メイクってワクワクするでしょ。それが大事で、それがメイクの力。それから足りないものを補うのもメイクの力。ハリがなくなったことによって輪郭が崩れたり、のっぺりと平らになってくるからハイライトで立体感を出したり、眉の形で丸みを出したり。いずれにしても、形が変化していることを意識して、受け入れて、補うことが大事ですね。

平: 隠すのではなくて、補うっていう意識ですね。ずっと自分のことは二の次だったけど、今こそ自分を受け入れて、大事に!ですね。

山: そう! 自分を愛するってことを忘れてたじゃないですか、私たち。人のこと、家族のことを優先にすることが当たり前と思ってやってきたけど、私ぐらいの歳になると、自分をどれだけ愛してあげられるかということが、今後にかかってくると思うんです。なので、ちょっとわがままなぐらいでいいし、自分を可愛がる方法として、スキンケアやメイクはすごくいいですよ。自分のことを「よしよし」って撫でてあげるような気持ちで可愛がってください!

ツヤと血色をよくする「仕込み」を施して立体感を作る

山: メイクは「仕込み」が大事です。洗顔をしたあとは「スチームON顔®︎」を。50度のお湯で温めたガーゼタオルを顔にあて、顔全体を包み込むようにして。50度のお湯は沸騰したお湯に同量の水を入れるだけだから簡単です。スチームすることで血色がよくなります。そのあとにマッサージブラシで肌の表面をなめらかにすることもおすすめ。歳を重ねると毛穴が気になってきますから。

平: これだけで幸せな気持ちになりますね。

山: 凝り固まった肌を起こしてあげて、そのあとにしっかり保湿(ⓑ)。最新の美容液には保湿と美白が叶うものがあるので、ここは思い切っていいものを使ってほしいですね。実は私もずっと美容液を使わずに歩んできたんですけど、50歳になった時にやっぱり使おうと思って。使い始めたら、「本当に違う!」と実感したんです。

平: いいものを使うって大事ですね。それこそ自分への手当てになるし。ちなみに美容液って、いつつけるのが正解なんですか。

山: 化粧水のあとです。手に取ったら、手のひらに広げて、タッピングするようにつけてください。さあいよいよメイク。かずみさんは自然素材の洋服を着ていると思うので、あまりやり過ぎない方が似合うと思います。あえてそばかすは生かして。ただ、目が大きく疲れが出やすいので、ベースを塗る前にオレンジのコンシーラーでフォローしましょう。ほんの少し指にとって、目の下のクマに指腹で点を描くように置いていく。ベタッとカバーせずに、点でぼかすイメージで。

平: またここでもベースの前の「仕込み」ですね。

山: そうです! 血色をさらに仕込みます。かずみさんの場合はBBクリームとか化粧下地だけでもいいかな。これも指腹で点を置いていくようにポンポンポンと塗っていきましょう。最後にパウダーで整えたらベースは完成です。

平: スーツとかフォーマルなスタイルの人の場合はベースメイクは違いますか。

山: そうですね。その場合はリキッドファンデーションでしっかり肌を作った方がいいですね。メイクは洋服などのスタイルと合わせるのが大切です。ベースが出来上がったら、顔のメリハリを作る赤と黒を仕込む。赤というのはチークとリップ。チークはクリームタイプのものを。指先にとって点を置いていくイメージで。そうすることで自然な立体感が生まれます。

平: リップは何色がいいですか?

山: 誰にでも似合って、全体を血色の良い感じに見せてくれるのはブラウンが入っている赤。薄くリップクリームと一緒につければすごく自然な印象に。きちんと塗れば、お化粧感が出る便利なカラーです。

平: リップは筆を使って塗った方がいいですか。

山: 直塗りでいいです。ただし、輪郭をちょっとだけ整えた方がいいので、直塗りしたあとに上唇の山の部分を綿棒とかで整えて。山・谷を作ると立体的になるので。

平: なんかピントが合うようになった感じ!

山: 次に黒。眉毛とまつ毛。かずみさんは顔立ちがはっきりしているから、アイライナーはさほどする必要はないけれど、マスカラを少しつけるのはおすすめ。ビューラーでちょこっとカールしたあと、まつ毛をしなやかに伸ばしてくれるコームタイプのマスカラをつけて。

平: マスカラもいろんなタイプがありますよね。

山: まつ毛を伸ばしたい人はコームタイプ。まつ毛が薄くてボリュームを補いたい人はブラシタイプを選ぶとまつ毛を太らせてくれます。

平: 目元に強さが出ました。

山:さらに少しだけシャドーライナーを足しましょう。これはシャドーという名の通り、はっきり色は出ないけど、ちょっとした影を出してくれます。かずみさんの場合は派手になりすぎないように黒目の上のまつ毛の間を埋める感じで入れていきます。

平: 一重の人とかの場合は?

山: はっきりと黒のラインが描けるアイライナーがいいですね。次に眉毛。少し強さを出すために太めに。眉頭と眉山の毛の方向に沿って、一本一本描いていくイメージで。

平: なんかかっこいい! さらに強さが出ました!

山: 最後にツヤっとした白を。ゴールドベージュのようなちょっとキラッとしたハイライターを、眉山や瞼の一番出っぱっているところ、鼻筋や頬骨、上唇や下唇の山にほんの少しつけてあげる。艶やかさがプラスされ、清潔感、透明感が生まれます。この「〜感」を自分で作り出すのがメイク。そのために、白黒赤のポイントを押さえることが効果的なんです。

平: 顔に立体感が出ました! 出っぱっているところにハイライトを入れるんですね。

山: 大人になると顔がのぺっとフラットになってくるから、立体感をメイクでちょっと補う。顔の中の山・谷を意識することが大事です。

平: メイクって面白い!

山: 大したことをしなくても、ちょっと自分で意識してメイクするだけで、まったく違うものになるんです。

平: メイクをする前とまったく違う。疲れてたんですね、私(苦笑)。こうして鏡を見るだけでなんだか元気になりますね!

蒸しタオルで巡りよく

山本さんが提案するのは温める・拭く・流すスキンケア、「スチームON 顔®」。「KOBAKO」と開発したスチーム洗顔タオル(右)は肌あたりもなめらか。シルクマッサージブラシ(左)を洗顔後に使うと晴れやかな素肌に。タオル¥1,980、ブラシ¥6,600/KOBAKO( 貝印 お客様相談室)

パワフルな美容液に助けてもらう

化粧水のあとには美白効果と保湿効果のある美容液を。山本さんのおすすめは「エピステームブライトプラズムレーザー」。大人は最新の美容サイエンスに頼るべし!

ハリとツヤを補う白・黒・赤

多色パレットのオレンジのコンシーラーで目の下のクマをカバー。ピンクのチークで血色の良さを補って。リップはブラウン系の赤がおすすめ。黒を補うマスカラはまつ毛を伸ばしてくれるタイプのものをチョイス。クリームタイプのハイライターで立体感を。

〜 私へ贈るメモ 〜
「メイクは前向きな心を作る。」

50 歳を過ぎてついに感じるようになった、ツヤとハリのない肌……。自分の顔が変わったことを鏡の前で感じることはショックでした。でも何ごとも「遅い」ってことはないんですね。変化を意識するようになったから、それを補う方法としてメイクがあると思ったらなんだか心強い気持ちになりました。手をかけ、色を足していくことで蘇る感覚は悦びにつながること。鏡の前で元気をくれるメイクの力を実感しました。何しろメイク道具はキラキラと宝石のように美しいですし、見ているだけでもときめく! まだまだ新しい自分に出会えるって素敵なこと!

聞き手
フラワースタイリスト
平井かずみさん
フラワースタイリスト。全国各地で花の教室やワークショップを開催。雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍し、〝 日常花〟を提案。「seed」と名付けた新しい試みとして、「すぐそばにある自然の営みに気づくことで、私たち自身の感性を育む」ことをテーマに、2020年の末には花のタブロイド「seed of life」を、21 年の5月にはウェブサイト(www.seed-of.com)を、2022年2月にアトリエ「皓-SIROI-」を立ち上げた。


撮影/宮濱祐美子、砂原 文 文・編集/竹田理紀[mineO-sha]

大人のおしゃれ手帖2024年2月・3月合併号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください