50代になって自分の時間が増え「新しいことに挑戦したい」と思う人は多いのでは?
これからの人生をいきいきと過ごすには、「生きがい」は欠かせません。
今回は、54歳からYouTubeチャンネル「Marin’s Single Kitchen」を始めた森嶋マリさんに話をうかがいました。

森嶋マリさん
YouTuber
ミステリー小説やノンフィクションなどの翻訳家として活動。54歳からYouTubeチャンネル「Marin’s Single Kitchen」を始める。ていねいな暮らしぶりと温かい人柄が人気。


「できない理由」を探すよりやりたいことに気軽にトライ

▶何歳で? きっかけは?
54歳。ブログを見た出版社から暮らし系サイトの記事執筆の依頼があり、記事のレシピを動画でも紹介するため。

▶初期投資は?
息子から譲ってもらった中古カメラ。編集ソフトはもともとiPadに入っていたものを使用。

▶やっていて楽しいことは?
自分の思い通りに動画が完成して、人に見てもらえたとき。

▶やっていて大変なことは?
視聴回数が伸びず、一喜一憂するとき。

▶これからどうしたい?
何気ない暮らしのなかの小さな喜びを、美しい動画で伝えたい。


数字に振り回されず小さな挑戦を積み重ねる

「ユーチューバーになろうと思って始めたわけじゃないんです」と穏やかな笑顔で話す森嶋さん。
暮らし系サイトにお菓子の記事を執筆した際、レシピ動画を作ったのがきっかけ。

以来、「Marin's Single Kitchen」というユーチューブチャンネルで7年間、動画配信を続けています。 「料理系ユーチューバーの美しい動画を見て、『これ素敵! いつかやってみたい』とずっと思っていたんです。歳だからとか下手だからとか、できない理由は探さなくていいと思うんですよ。人生100年なら、50代はまだ40年も50年もある。それだけあれば上達もするし、いろいろなことに触れて、気軽にやりたいことをやってみればいいんじゃないかなと思います」 

けれども、ユーチューバーの活動を続ける中では、つらい時期もあったそう。

「とんとん拍子に視聴回数やチャンネル登録者数が伸びた分、途中から数字を意識しすぎて、落ち込んでしまう時期がありました」 
そこで森嶋さんはレシピ動画から、手づくり中心のひとり暮らしを綴るビデオ日記(Vlog)へと、方向性をシフトしました。

「自分自身の記録を残していこうと、気持ちを切り替えました。それを誰かが見てくれて、何かの参考になればうれしいなと」。

次は何を撮ろう、と日常が新鮮に感じられるといいます。 長く続けるための秘訣は「楽しむこと」だと森嶋さん。

「飽きないように、自分の中だけの小さな挑戦を続けています。独り言をそのまま入れたり、音楽のないシーンを作ったり。映画などを観ていても、〝この撮り方素敵!〟と視点が変わって楽しいです。思い通りにできた動画は、自分でも繰り返し見ちゃう(笑)。もっと勉強して、美しい動画を作りたいですね」

動画づくりにつながる日々のすべてが新鮮で楽しくなった

南部鉄器のフライパンに鉄瓶、鰹節削り節器、オリーブのまな板など、森嶋さん愛用のキッチン道具。YouTubeを見ている方から問い合わせもあるそう。
「キッチン道具は昔から好きでしたが、よりこだわって道具を選ぶようになりました」

更新は週1回の金曜日。「大体、撮影と編集に5日ぐらいかけています。1日の作業時間は2、3時間くらい」。

使っている編集ソフトは、ファイナルカットプロ。「YouTuberのオフ会や育成・支援プログラムにも積極的に参加して、動画制作を学びました」 

改良を重ねた手づくりの肉まんは絶品。

森嶋さんのとっておきレシピ「春にぴったり! おうちでできるイチゴ大福」を紹介!

撮影用カメラは2台を使い分けています。いずれもオリンパスのもの。

森嶋さんの『Marin’s Single Kitchen』チャンネルはコチラ!


撮影/白井裕介 文/寺本彩

大人のおしゃれ手帖2024年5月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください