年齢を重ね、顔立ちに変化が出てくる50代。
「でも怖がらないで。メイクが味方になってくれるから」と言う山本浩未さんに、私たち大人世代が取り入れたいメイクを教えていただきました。

教えてくれたのは・・・
ヘア&メイクアップアーティスト
山本浩未さん
美容理論に基づく今すぐ実践できるメイクテクニックを提案し、雑誌やテレビ、講演会などで活躍。最新刊『60歳ひとりぐらし 毎日楽しい理由』(小学館)にはハッピーに生きるヒントがいっぱい。

目元は、毛の隙間を埋めて1本1本の存在感を出す

毛は見た目印象にイキイキ感を与えてくれるもの。これからどんどん眉やまつげは薄くなっていくので、もう抜いたり剃ったりはやめて!
アイラインとマスカラでまつ毛を濃く見せましょう。

眉毛

〈トレンドPOINT〉これを使いました!

(右)適度にコシのある筆で、安定して毛を描きやすい。皮脂や汗に強いウォータープルーフタイプ。
インウイ アイブロウリキッド 01 ¥3,300(編集部調べ)/資生堂

(左)まるで本物の毛のような質感で、繊細に描ける超極細筆を採用。
カネボウ デザイニングアイブロウリクイド LE1 ¥3,300/カネボウインターナショナルDiv.

(右)眉にはしっかり色がつき、地肌には色がつきにくい極小ブラシを採用。お湯で簡単にオフできる。
デジャヴュ アイブロウカラー ピンクブラウン ¥880/イミュ 

(左)さらっとなめらかな液で眉毛が束にならず、ふんわり自然な仕上がりに。すぐに乾き、パリパリしにくい。
キャンメイク スマートミニアイブロウカラー N01 ¥660/井田ラボラトリーズ

STEP 1

眉を描く前に、まずフェイスパウダーをほんの少しパフに取り、眉とその周りの油分を抑える。パウダーが眉を描く際にひっかかりとなって、筆のノリがよくなる効果も。

STEP 2

50代以降はまぶたが広くなって顔がのっぺり見えるので、眉下のラインを水平にリキッドアイブロウで描いて、まぶたを狭めて見せる。
眉山の下くらいまで1本ずつ毛を足す要領で描く。

STEP 3

眉山から眉尻にかけて毛がないところにも描き足す。力を入れてしまうとベタッと肌について濃く発色してしまうので、力を入れずに、シュッシュッと軽いタッチで描く。

STEP 4

眉上のラインは、きれいに整えすぎると不自然な印象になりがちなので、描き足すというよりも、毛の薄い部分や生えていない部分にチョンチョンと毛を足していく感覚でのせる。

STEP 5

眉マスカラを眉毛に軽く当て、クルクルと回転させて全体に色をつける。
仕上げに眉頭は上方向、真ん中は横から眉尻まで、毛を立ち上げるようにブラシでとかして、毛並みを整える。

定番ベージュは色も質感も変わる“今季モノ”

さらにベージュアイシャドウで目元に立体感を与えて。
選ぶなら“今季のベージュ”で今っぽさも出せます。

アイシャドウ

〈トレンドPOINT〉これを使いました!

(右)しっとり柔らかいパウダーで、カサつきがちな大人のまぶたにもなめらかにフィットする。
ビタートーンアイシャドウ 03 ¥748/セザンヌ化粧品

(左)マット×輝きで立体感を強調。
ケイト ポッピングシルエットシャドウ BE-1 ¥1,540(編集部調べ)/カネボウ化粧品

アイシャドウ
STEP 1

チップの面に好みの色のアイシャドウを取ったら縦に持ち、目の際の目頭→目尻へまっすぐ横に動かしてつける。少しずつ上にずらしていき、アイホールを3度塗り。
この塗り方なら1色でも立体感が作れる。

STEP 2

50代は目から下(頬)が長くなるので、短く見せるために下まぶたにもアイシャドウをのせる。光沢のある色をチップの先端に取ったら、黒目の下→目頭→目尻へブラシを動かすのがコツ。

アイライン

〈トレンドPOINT〉これを使いました!

(右)ブラウンがほんのり溶け込んだ、まろやかなグレー。くっきりしすぎず、自然に目のフレームを強調。
ディーアップ シルキーリキッドアイライナー グレーカシミア ¥1,430/ディー・アップ 

(左)ほのかに透ける発色で、こなれた印象に仕上げるカーキ色。
UZU アイオープニングライナー カーキ ¥1,694/ウズ バイ フローフシ

鏡をまっすぐに見て、反対の手で目尻を軽く張らせ、目のフレームから水平に1㎝ほどラインを引く。少なくなってきたまつげを濃く見せ、目の幅も広く見せる効果が。

マスカラ

〈トレンドPOINT〉これを使いました!

(右)大人の細く短いまつげに長さとボリュームをプラスし、カール効果も! 美容成分配合。
UZU モテマスカラ ブラック ¥1,980/ウズ バイ フローフシ 

(左)深みのある黒で、まつげの存在感をアップ。塗りやすさを追求したブラシも秀逸。
ディーアップ ボリュームエクステンションマスカラ ¥1,650/ディー・アップ

まぶたが動かないように手で押さえ、マスカラをまつげの先端に軽くバウンドさせるようにしてあてる。毛先に長さがプラスされるだけで、まばらになってきたまつげの存在感が強まる。

下まつげにもつけるとgood!

SHOPLIST
資生堂お客さま窓口 0120-81-4710
カネボウインターナショナルDiv.
イミュ 0120-371367
井田ラボラトリーズ 0120-44-1184
セザンヌ化粧品 0120-55-8515
カネボウ化粧品 0120-518-520
ディー・アップ 03-3479-8031
ウズ バイ フローフシ 0120-963-277


撮影/天日恵美子、古家佑実[SORANE] ヘアメイク/山本浩未 スタイリング/熊澤さなえ モデル/Reika 文/高橋千恵子

大人のおしゃれ手帖2024年5月号より抜粋
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください