回転寿司に関する消費者実態調査2021

 マルハニチロ株式会社が「回転寿司に関する消費者実態調査2021」の調査レポートを公開。回転寿司デートをした際に「“パートナーにこれだけはやってほしくない”と思うもの」という質問を行っています。

 回答で最も多かったのが「間違えてとってしまったお皿を戻す」と「香りの強い香水をつけて入店する」、次いで「ネタだけ食べてご飯(シャリ)を残す」「入店前の待ち時間に機嫌が悪くなる」という結果に。

 中でも女性の割合が多かったのが「香りの強い香水をつけて入店する」「入店前の待ち時間に機嫌が悪くなる」「他の席の人が注文したお皿をとる」「レーンをまたいで反対側のレーンのお皿をとる」「お茶や醤油を自分の分しか用意しない」。周りのことを考えない自分勝手な振る舞いに幻滅する女性が多いようです。

詳細については以下の通り。

■ 回転寿司デートをした際に“パートナーにこれだけはやってほしくない”と思うもの

1:間違えてとってしまったお皿を戻す
1:香りの強い香水をつけて入店する
3:ネタだけ食べてご飯(シャリ)を残す
4:入店前の待ち時間に機嫌が悪くなる
5:注文しておきながら、流れてきてもスルーする
6:他の席の人が注文したお皿をとる
7:レーンをまたいで反対側のレーンのお皿をとる
8:注文した品がなかなか来ないと文句を言う
9:お茶や醤油を自分の分しか用意しない
10:大量にとってなかなか食べない

(マルハニチロ調べ)

【調査について】
回転寿司に関する消費者実態調査2021調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする全国の15歳〜59歳の男女で、月に1回以上回転寿司店を利用する人
調査期間:2021年3月5日〜3月12日の8日間
調査方法:インターネット調査
有効回答数:3000サンプル (内訳)男性1500名、女性1500名
実施機関:ネットエイジア株式会社

情報提供:マルハニチロ株式会社