ゲーム中の飼い主を妨害する子猫が話題。

 猫のシンバくんはまだ生後3か月。ちょうど甘えたい盛りというのもあってか、飼い主さんが部屋から出るたびに鳴き、抱っこを求める際にも鳴き、そしてリビングで一緒にいるときは、膝の上にやってきて寝てしまったり……とにかく四六時中ベッタリという甘えん坊さん。

 「モンハンしてる間寝たり噛んだり、寝たり笑」と、飼い主さんがTwitterに投稿した写真には、スヤァっと眠りにつくシンバくんの姿が写っています。この直前、人気ゲームをプレイしていた飼い主さんに対して、「構ってくれニャ〜」と妨害行為をしてきたそうです。

大の甘えん坊のシンバくんはこの日も飼い主に構ってアピール。

 ところが、少しおねむモードだったもよう。しばらくすると目が虚ろになってしまい、気づけばスヤァと夢の世界へ。

 「『遊びたい』と『眠たい』で戦っている状態でしたね(笑)」と当時を振り返る飼い主さん。

 しかしながらその姿はまさに天使。リプライ(返信)欄には、「かわいい」という声が続出。多くのTwitterユーザーを魅了しました。

飼い主の編み物や造花を噛んだりするいたずら小僧の一面を持つシンバくん。

 ちなみにシンバくんは、遊びも大好きな猫ちゃん。「私が編んだミニクッションやクリスマスツリーや、造花などを噛んだり引きずったりしています(笑)」と、少々いたずら小僧の一面も。とはいえ、飼い主さん夫婦には大事な家族。我が子同然に大切に大切に育てられています。

<記事化協力>
シンバさん(@shinba_cat)

(向山純平)