画像提供:どんぐりにゃんこさん(@p6JBph4w9F3B1Oc)

 「どうしてそんなところで……」とツッコミを入れざるを得ない、猫ちゃんの面白い寝姿を捉えた写真がツイッターで多くの方をほっこりさせています。

 ダンボールの天面に挟まれたままバンザイをするような姿勢で眠る表情はなんとも気持ちよさそう。変わったポーズで熟睡している様子を見ると、猫好きでなくとも思わずニヤニヤしてしまいます。

 先日1歳の誕生日を迎えたばかりのスコティッシュフォールドの楓ちゃん、通称ジャイロちゃんはダンボール遊びが大のお気に入り。普段からよくダンボールを噛んで遊んだり、中に入りこんで眠ったりしているのだそう。

ダンボールに挟まれて眠るジャイロちゃん

一瞬ドキッとしてしまいますね

 この日もいつものようにダンボールで遊んでいたのですが、どうやら途中で疲れてダンボールの上で眠ってしまった模様。そのまま体の重みで少しずつ沈み込み、飼い主さんがふと気付くとダンボールに挟まれて眠っているような姿になっていたとのこと。

 ダンボールで遊ぶ姿はよく見かけるものの、ダンボールに挟まれて眠る姿を見るのはもちろん飼い主さんも初めて。あまりに衝撃的ではじめは助けを求めているのか、眠っているのかわからなかったそうですが、眠っていると分かってからは「よくこの体制で熟睡できるな」と思いつつ、あまりにかわいくて写真を何枚も撮影したそうです。

 投稿には6万件を超える「いいね」がつき、多くの方がジャイロちゃんの姿に癒やされている様子。大きな反響に対し飼い主さんは「親バカなのでたくさんの方に我が子を見てもらえる機会が出来て幸せです。このどんな状況でも気にせずスヤスヤ熟睡してるジャイロが、皆様を少しでも笑顔にできていたらうれしいです」とジャイロちゃん愛を熱弁してくれました。

目を覚ますも自力では出られなかった模様

 ちなみにジャイロちゃんは写真撮影中、飼い主さんの気配に気付いたのかその姿勢のまま目覚めたそうですが、自分では出る事が出来ず飼い主さんに抱っこされて脱出したそうです。ちょっとおっちょこちょいな一面もかわいいジャイロちゃんでした。

<記事化協力>
どんぐりにゃんこさん(@p6JBph4w9F3B1Oc)

(山口弘剛)