一見すると大変そうな状況も……現実は楽しい「三つ子育児のリアル」

 「三つ子育児のリアル」

 大爆笑の絵文字を添えてこのようにつぶやいた、ツイッターユーザーのたまさん(@komancomeon)。投稿された写真には生後2か月になる三つ子の赤ちゃんと、母であるたまさんの姿が写っています。1人を腕で抱えて、1人はモモで寝かせて、もう1人にはメリーを見せて……という状況はまさに「リアル」。

 一人でも大変な育児ですので、三つ子となるとさぞ苦労しているであろう状況……かと思いきや、絵文字にも表れているようになんだかちょっと楽しそう。娘2人の育児が少し落ち着いてきた筆者がたまさんに話をうかがってみました。

 たまさんは9月初旬に出産した三つ子に加え、3歳になる長男さんを含めた4人を子育て中のお母さん。三つ子の赤ちゃんとなると相当大変になる……と構えていたそうですが、「やってみたら案外なんとかなっています」と事も無げな様子。

これが「三つ子育児のリアル」

 通常であればおむつ替えに抱っこに授乳に……と考えるだけでもパニックになってしまいそうですが、たまさんは「3人もいるんだから、出来なくても仕方ない!」という「開き直り育児」に徹しているのだとか。

 「まずはママが心身共に元気じゃないと、赤ちゃんも元気に育てられないと思っています」と確固たる信念を持つたまさんですがこれは本当にその通り。出来ないことを誰かのせいにするのは辛いだけなので、時には開き直って自分自身のことを優先するべきと筆者も思います。

 また、たまさんの夫も育休を取得し、文字通り二人三脚で日々奮闘中。たまさん曰く「全力で育児を楽しみながらやってくれる夫がいるからこそ、私も安心して夫に全てを任せてのんびり出来ています」とのこと。二人で協力しあっているからこそ明るく楽しい子育てが実現しているのでしょう。

  強いて言うなら、と挙げたのは「上の子の赤ちゃん返り」。3歳といえばまだまだ甘えたい盛りなのでこれもまた「リアル」。要望、ワガママ、やりたい事にはなるべく応えてあげたいと思い、グッと堪えることも多いのだとか。

 このツイートには「三つ子の育児すごい!」「うちも三つ子でした。頑張ってください!」と多くの激励の声が。大きな反響に対したまさんは「コロナ禍でなかなか親戚や友達に会えない中、たとえネット上でも三つ子達の成長を見守ってくれているようでうれしいです」とコメント。

 インタビューにも終始明るい口調で答えてくれたたまさん。三つ子であるからこその、三者三様の成長を見られることが楽しみで仕方ないのだそう。3歳のお子さんと共に、三つ子の赤ちゃんも元気にすくすくと成長してほしいですね!

<記事化協力>
たま@3歳+三つ子2m(修正1m)さん(@komancomeon)

(山口弘剛)