中江有里が新刊…人生「入れ替わり」でひとは幸せになれるのか?

中江有里が新刊…人生「入れ替わり」でひとは幸せになれるのか?

女優・作家の中江有里さんの最新小説「トランスファー」(中央公論新社、定価1500円=税別)が発売されました。心身の「入れ替わり(トランスファー)」が起きた姉妹が主人公の物語です。小説をはじめ、ドラマの脚本や書評の執筆、テレビ番組のコメンテーターなど幅広いジャンルで活動する中江さんに、本作に込めた思いや、読書の魅力について聞きました。

【ストーリー】大蔵玉青(おおくら・たまお)は、30歳の派遣社員。父親を病気で亡くし、母親は認知症で施設に入所、孤独な日々を送っていた。ある日、不思議な夢に導かれ、病気で寝たきりの少女・洋海(ひろみ)と出会う。2人は体外受精で同じ両親から生まれた姉妹だった。洋海は玉青に「少しの間、体を交換してほしい」と頼む。空虚な毎日に疲れていた玉青は、洋海の願いをかなえることに……。

――「入れ替わり」を題材に小説を書こうと思ったきっかけを教えてください。

この小説のモチーフは太宰治の「走れメロス」なんです。子供の頃から「王様を怒らせて処刑を宣告されたメロスは、妹の結婚式に出ることを許された後、なぜ王宮に戻ってきたのか?」と不思議に思っていたんです。戻れば処刑される。でも、戻らなければ、友人が身代わりに処刑される。自分か、友人か。死ぬか、生きるか。そういう選択肢があった場合、人はどうするのだろう。それを突き詰めて考えたら、生きるために他人の人生に乗り換える――という、物語の骨格が立ち上がってきました。

――入れ替わるのを姉妹にしたのはなぜですか。

私にも妹がいますが、「性別も両親も同じなのに、どうして?」というくらい、考え方や性格が違います。でも、まったく違うのに、不思議とわかり合えるんです。玉青も洋海と出会ってすぐに愛おしさが湧いてきます。姉妹のためなら、できることをしてあげたいと思う。洋海は玉青だから体の交換を頼めるし、玉青もそれに応じるわけです。

――玉青と洋海は入れ替わった後も心がつながっていて、姉妹の強い絆を感じました。

兄弟や姉妹は人間関係の基本みたいなところがあります。ぶつかって、ケンカして、仲直りを繰り返す。そうやって、人間関係を学んでいくのだと思います。玉青と洋海も入れ替わることで、お互いの理解を深めていきます。皮膚感覚や感情も共有しているので、洋海は嫌いだった食べ物を好きになったり、玉青の子供を愛しく思ったり。

――洋海は玉青の恋人・青島にも愛情を感じ始めます。青島はDV(ドメスティック・バイオレンス)男の典型で、最初は洋海も嫌っていたのに……。

青島は複雑な人ですよね。私も書きながら「この人って何?」と悩みました(笑)。玉青は両親とも離れ、子供も手放し、とても孤独です。誰かを愛したいし、頼りたかった。そういう玉青がひかれるのは、青島のような男性なのかなと。カリスマ性があって独断的で、内面は非常に子供っぽい。極端なところが魅力でもあるし、危険でもある。私だったらそういう男性は警戒しますが、玉青はすんなり受け入れてしまう。青島はストレスを発散させる相手として、玉青が必要だったんです。ゆがんだ愛情で結ばれている、共依存の関係です。


関連記事

大手小町(読売新聞)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索