女性の飲酒の適量はどのくらい? 危険度をチェック

女性の飲酒の適量はどのくらい? 危険度をチェック

酒は「百薬の長」とも言われますが、飲み過ぎてしまうと健康に害を及ぼす恐れが高まります。読売新聞の掲示板「発言小町」には、昼間の飲酒を夫や親にとがめられ、禁酒を強いられたという在宅ワークの女性から投稿が寄せられました。お酒とうまく付き合うために、知っておきたいことを専門家に聞いてみました。

トピ主の「さけこ」さんは、3歳の息子がいる27歳の女性。若いころからビールや焼酎をよく飲んでいましたが、妊娠を機にひたすら我慢を重ねてきました。ようやく息子が母乳を卒業したため、以前のように飲み始めたところ、夫に「母親なのに酒を飲むなんて」「主婦なのに飲んだらダメ」と怒られたそうです。

「大量に飲んでません。ビール2、3杯で終わってるんです。けれども、義母や実母には『母親の自覚がない』とまで言われました。今では、子供が保育園に行ってる間にビール片手に仕事しながら飲んでます。その方が家事も仕事もストレスなく調子よく出来ます」とトピ主さんは明かしています。

さらにトピ主さんは、在宅ワークをしていて、家事代行やベビーシッターを頼めるぐらいの収入を得ていることや、夜は夫に見とがめられてしまうため、昼間から飲むようになったこと、本当は夫婦で晩酌の時間を持ちたいけれども、夫は自分だけ飲んで、妻には禁酒を強いていることなどを、追加投稿でつづっています。

トピ主さんと夫は離婚覚悟で話し合い、その結果、トピ主さんは昼間のお酒はやめて、夫婦で晩酌の時間を持つことになったそうです。ところがその後も、「朝方に仕事が終わった達成感でビールを開けてゴクゴク飲んでたら、実母がサイレント訪問してきて、相当怒られました」との投稿が続き、なかなかスッキリと問題解決とはいかない様子です。


関連記事

大手小町(読売新聞)の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る