コロナ禍で在宅時間が増え、家の中を清潔に保ちたいという意識が高まった人も多いでしょう。巣ごもり需要で白物家電の売れ行きが伸びましたが、中でも、生活環境を清潔に保つのに役立つ白物家電が人気を呼んでいます。生活者の目線から白物家電・美容家電に関する記事を執筆している家電ライターの田中真紀子さんに、注目の「清潔家電」の機能や使い勝手について聞きました。

コロナ禍で、白物家電の需要が伸びています。日本電機工業会の調べによると、2020年度の白物家電の国内出荷額は、前年度比6.5%増の2兆6141億円に上りました。とりわけ、健康・清潔志向の高まりから、空気清浄機が同76.9%の大幅増。電気掃除機は同11.8%増、電気洗濯機は同5.2%増となっています。

田中さんによると、こうした中で、以前には消費者の意識があまり向かなかった家電の“除菌効果”に関心が高まっているそうです。

〈「レイコップGO」…UV除菌ができる掃除機〉
除菌機能付きふとんクリーナーで知られる「レイコップ」が今年3月に発売した「レイコップGO」は、UV(紫外線)除菌しながら掃除ができるポータブルクリーナー。テーブルの上の食べこぼしや、ソファ、床面などのゴミ、ホコリの除去はもちろん、目に見えない細菌やウイルスまで除菌と除去ができます。

「レイコップGO」は小型ながら、吸引力の強い「ブラシレスDC(直流)モーター」を搭載。ゴミやホコリを吸引しながら除菌します。UV除菌専用器としても使え、UVヘッドをカーテンや衣服に当てれば、吸引せずに、除菌とウイルス・ダニの除去が可能になります。

UVには強い除菌作用があり、最近はウイルスも除去すると話題になっています。田中さんも、以前からUV除菌機能の付いたアイテムを、靴の脱臭などに使っていました。レイコップGOの機能を知って、「これこそ欲しかったクリーナーだ」と感じたそうです。

「テーブルやソファの掃除、仕事用のデスク周りの除菌などに使っています。用途に合わせてパーツを組み替えられるのが便利。例えば、ゴミやホコリの吸引のみで使いたい場合は、UVヘッドを外せばOK。UVコネクターとUVヘッドで構成すれば、UV除菌専用器になります。専用器にすれば、520グラムと軽量でコンパクトになり、いつでもどこでも手軽に除菌できます」

バッテリーの充電時間は、約3時間30分。UV除菌だけなら、バッテリーは180分持ちます。掃除機モードで28分。パワーモードにすると9分しか持たないので、注意が必要です。

「家族が集まるリビングルームの掃除から、旅先でのシーツや衣服のケアまで幅広く使えます。ウィズコロナの新しい生活習慣としてオススメしたい、ハンディー掃除機です」