日々節約を頑張っているという女性は多いと思いますが、節約の中身をよく見てみると、「残念な節約」をしているケースが少なくありません。節約の仕方を間違えると、労力のわりに効果があまり得られなくなります。今回は、節約しているのになぜお金がたまらないのか、その原因と対策についてお話しします。

私のところには、「節約に励んでいるけれど、なかなかお金がたまらない……」という相談がよく寄せられます。相談者に節約の内容を聞いてみると、「電気代の節約のために、まめに電源コードを抜いている」「スーパーのチラシをチェックして、安売りをしているスーパーに買い物に行っている」「節水シャワーを利用して水道代を節約している」といった答えが返ってくることがしばしばです。

一方、日頃こんなに努力しているにもかかわらず、衝動的に大きな買い物をしてしまうといったこともよくあるようです。例えば、普段5000円のバッグを使っている人が、「ブランド品のバッグが欲しい!」と思い、10万円ものバッグをためらわずに買ってしまう。旅行の時くらいはぜいたくをしたいと、宿泊代や食事代、土産代などに一気にお金を使ってしまう。ストレスがたまっているからと、一晩で食事代に何万円も使って、友達とお酒を飲みながらグチを言い合う。そんな具合です。これでは、いくら節約に励んでいても、なかなかお金はたまりません。

日々の細かい節約はもちろん大切ですが、節約をするときには、毎月一定の金額がかかる固定費にメスを入れる方が効果的です。例えば、月々の生命保険料を6000円下げ、携帯電話の料金プランを5000円安くできれば、それだけで毎月1万1000円の節約ができ、年間では実に13万2000円もの節約になります。しかも、保険料も携帯電話料金も固定費なので、1度見直してしまえば、その後は何もしなくても節約効果が得られるところがメリット。日々50円安い食材を探すのに時間を費やすより、はるかに効率的です。

また、「無駄遣いはしていないのに、お金がたまらない」という女性に、自分なりの節約ポイントを聞いてみると、洋服やバッグ、靴などの服飾品を「バーゲン」や「ファミリーセール」で買っている人が少なくありません。

「服飾費を少しでも節約するために、バーゲンなどを利用しているのに、ちっともお金がたまらない」という事態に陥っているわけです。「バーゲン」や「期間限定お買い得セール」のフレーズを見ると、「お得なんだから買わなきゃ損」とばかりに、あれもこれもと手を出してしまいがち。家に帰って冷静になると、同じような洋服が何枚もある、手持ちの洋服に合わないといったことに気づいて結局、クローゼットの肥やしになってしまうケースも多いのではないでしょうか。