反動!? ニューヨークのデジタルネイティブたちがいそしむこと

反動!? ニューヨークのデジタルネイティブたちがいそしむこと

コーヒーショップのコミューナルテーブルで眼前に座ったアジア系の女の子が、紙の手帳に一心不乱に日記を書きつけている。その手が、そのボールペンが、書き始めてから一度も止まっていない。両手で抱えているのは、黒い合成レザーの表紙に細い罫線が引かれたノート。

何ページも何ページも、字間の詰まった几帳面な筆記体でみるみる埋まっていくのが、向かいに座った私にもよく見える。日本語でいう「丸文字」にあたるコロコロした癖字で、無限に続くつる巻きばねのような文字列が、左上から右下まで隙間なく書き連ねられている。途中で改行を挟んだり、見出しや挿絵を入れたりもしない。

四ページほど埋まっただろうか。やっと手を止めて、書いた分を読み返している。本人以外が解読するのはなかなか難しいだろう。あの速さ、論理立てた思考とも思えない。とにかく頭の中に浮かんだことを感じたまま、ノンストップで独り言を続けるように、自分自身と対話するようにして、書いている、書いている、書いている。

昨日今日で急激に増えたということでもないだろうが、最近、ニューヨークのダウンタウンでこうした若い女の子をよく見かけるようになった。

ノートを開いてペンを手にしているのは、俗にミレニアル世代と呼ばれる若者、そして、圧倒的に女の子が多い。日本と違い、身なりにまったく構わない女子学生も多いので、お金をかけてオシャレに気を遣う若者はそれだけで目立つ。ヴィーガンスイーツの専門店やパッケージフリーの食料品店に行ったとき、無料券をもらって高級スポーツクラブのヨガレッスンへ行ったとき、お客として見かけるような人種である。

高学歴だけどガリ勉じゃない。ギャルっぽいけどお育ちはいい。選び取ったライフスタイルが私のような他者から覗き見されることにも自覚的な、「意識高い」女子たちだ。そんな若いお嬢さんが、Instagramへの投稿を止め、誰にも見せない日記を書いている。エコやサステイナビリティやミニマリズムと同様、「書く」ことそれ自体がリバイバルブームなのだ、と気づくまでには、少し時間がかかった。

私が10代だった頃、少女たちが色ペンを駆使して思い思いに手帳を飾っていたのは他に遊べるガジェットがなかったからだが、25年後の今、物心ついたときから情報端末を手にしているデジタルネイティブ世代は、そうした潮流への反動として、「書く」ことを趣味としているようなのである。

そのコーヒーショップは地下鉄駅から近く、いつも賑わっている。平日の夕方、子連れで雑談する主婦たちの横では、ギークな男性二人組がヘッドハンティングの面接中。しかし、重そうなPCリュックを背負った中年の客は、店内をぐるっと見渡してから、がっかりした表情で紙のカップを手に退散した。


関連記事

大手小町(読売新聞)の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る