今日3月8日は、女性の権利を守りジェンダー平等の実現を目指すため、1975年に‟ジェンダー平等について考え、アクションする日”として国連により定められた「国際女性デー」。そんな「国際女性デー」にあわせて‟女性が本当の自分を見つける”名作映画4作品をピックアップ。

『ピアノ・レッスン 4Kデジタルリマスター』

第66回アカデミー賞主演女優賞・助演女優賞・脚本賞受賞、第46回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞をはじめ、世界中の数々の映画祭を席巻し多くの喝采を浴びた、映画『ピアノ・レッスン』。この度、初公開から30年の時を経た本作が4Kデジタルリマスターとしてスクリーンに蘇る。

19世紀半ば、ニュージーランドの孤島。エイダは父親の決めた相手と結婚するために、娘のフロラと1台のピアノと共にスコットランドからやって来る。「6歳で話すことをやめた」エイダにとって、ピアノは声の代わり。ところが、夫になるスチュアートはピアノを重すぎると海辺に置き去りにし、先住民との通訳を務めるベインズの土地と交換してしまう。エイダに惹かれたベインズは、ピアノ1回のレッスンにつき鍵盤を1つ返すと提案する。渋々受け入れるエイダだったが、レッスンを重ねるうちに彼女も思わぬ感情を抱き始める。

19世紀半ばのニュージーランドの孤島を舞台に、自分らしい生き方と幸せを探すエイダを描く本作は、第46回カンヌ国際映画祭で錚々たる巨匠&奇才の新作が競い合う中、ジェーン・カンピオンが女性監督初のパルム・ドールを受賞。また、カンピオンは、本作と『パワー・オブ・ザ・ドック』(2021)で、それぞれ監督賞にノミネートされ、アカデミー賞史上初「2度の監督賞にノミネートされた女性監督」となった。世界的に注目される女性監督が少なかった時代から現在に至るまで第一線で活躍を続ける彼女は、パイオニア的な存在として後進の女性監督に影響を与え続けている。

2024年3月22日(金)より全国ロードショー。

『バービー』

世界中で愛され続けるアメリカのファッションドール「バービー」を、マーゴット・ロビー&ライアン・ゴズリングの共演で実写映画化。どんな自分にでもなれる、‟完璧”な毎日が続くドールの世界“バービーランド”。ある日自分の身に起きた不調から、人間の世界=リアルワールドへ足を踏み入れることになったバービー。バービーとケンの目を通して、現実世界での男尊女卑の価値観や、数々の理不尽をユーモア溢れる切り口で描いた。

メガホンをとったのは、本作で単独女性監督作品として史上No.1の興行成績を達成したグレタ・ガーウィグ。第96回アカデミー賞では、助演女優賞、歌曲賞(2曲)など7部門8ノミネートを果たした。なお、グレタ・ガーウィグは本年度のカンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査員長を務めることが決定しており、女性監督としては2014年のジェーン・カンピオンに続く2人目の大役に抜擢された。

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. ©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

U-NEXTなどで配信中(日本公開日:2023年8月11日)

『プロミシング・ヤング・ウーマン』

ごく平凡な生活を送っているかに見える女性キャシーには、周囲の知らないもうひとつの顔があり、その行動の裏には、ある目的があった。明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていたキャシーが、ある不可解な事件によって未来をふいに奪われたことから、復讐を企てるサスペンスドラマ。

女優出身で本作が長編初監督を務めたエメラルド・フェネル、主演はキャリー・マリガン、製作には『バービー』では主演を務めたマーゴット・ロビーが名を連ねる。女性監督による女性目線の復讐劇、一風変わった痛快スリラーで世界中に性暴力問題を提唱し、至極のエンターテインメント作品に仕上げた。第93回アカデミー賞で作品賞では、監督賞、主演女優賞など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。

©2020 Focus Features, LLC. ©2020 Focus Features

Amazon Prime Video、U-NEXTなどで配信中(日本公開日:2021年7月16日)

『燃ゆる女の肖像』

18世紀フランスを舞台に、望まぬ結婚を控える貴族の娘と彼女の肖像を描く女性画家の鮮烈な恋を描いたラブストーリー。画家のマリアンヌはブルターニュの貴婦人から娘エロイーズの見合いのための肖像画を依頼され、孤島に建つ屋敷を訪れる。エロイーズは結婚を嫌がっているため、マリアンヌは正体を隠して彼女に近づき密かに肖像画を完成させるが、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを批判されてしまう。描き直すと決めたマリアンヌに、エロイーズは意外にもモデルになると申し出る。やがてキャンパスをはさんで見つめ合い、時間をともにするうちに、激しい恋に落ちていく2人だったが‥‥。

監督を務めたのは、現代の重要な映画監督のひとり、セリーヌ・シアマ。2019年・第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞を受賞した本作は、映画業界で変革が叫ばれるジェンダーギャップ問題にも一石を投じた。冒頭の海辺のシーンは『ピアノ・レッスン』を想起させるが、シアマは自身の「10本の偉大な映画」の1本として『ピアノ・レッスン』を挙げている。

©Lilies Films. ©Lilies Films.

Amazon Prime Video、U-NEXTなどで配信中(日本公開日:2020年12月4日)

作品情報 映画『ピアノ・レッスン 4K デジタルリマスター』

19世紀半ば、ニュージーランドの孤島。エイダは父親の決めた相手と結婚するために、娘のフロラと1台のピアノと共にスコットランドからやって来る。「6 歳で話すことをやめた」エイダにとって、ピアノは声の代わりだった。ところが、夫になるスチュアートはピアノを重すぎると海辺に置き去りにし、先住民との通訳を務めるベインズの土地と交換してしまう。エイダに惹かれたベインズは、ピアノ1回のレッスンにつき鍵盤を1つ返すと提案する。渋々受け入れるエイダだったが、レッスンを重ねるうちに彼女も思わぬ感情を抱き始める‥‥。

監督・脚本:ジェーン・カンピオン

出演:ホリー・ハンター、ハーヴェイ・カイテル、サム・ニール、アンナ・パキン

配給:カルチュア・パブリッシャーズ

©1992 Jan Chapman Productions and CIBY 2000

2024年3⽉22⽇(⾦) TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー

公式サイト piano

映画『バービー』

すべてが完璧で、毎日がハッピーな〈夢〉のような世界、バービーランド。ある日突然身体に異変を感じたバービーは人間世界へ。完璧とは程遠い人間の世界へ行き知った“世界の秘密”とは?バービーの最後の選択とは?

監督・脚本:グレタ・ガーウィグ

脚本:ノア・バームバック

出演:マーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリング、シム・リウ、デュア・リパ、ヘレン・ミレン

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

公式サイト barbie-movie.jp

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』

18世紀フランスを舞台に、望まぬ結婚を控える貴族の娘と彼女の肖像を描く女性画家の鮮烈な恋を描いたラブストーリー。

監督:エメラルド・フェネル

出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム

配給:パルコ

©2019 PROMISING WOMAN, LLC FOCUS FEATURES, LLC

映画『燃ゆる女の肖像』

18世紀フランスを舞台に、望まぬ結婚を控える貴族の娘と彼女の肖像を描く女性画家の鮮烈な恋を描くラブストーリー。

監督・脚本:セリーヌ・シアマ

出演:ノエミ・メルラン、アデル・エネル、ルアナ・バイラミほか

配給:ギャガ

©Lilies Films.

公式サイト gaga.ne.jp/portrait/