「日本近代詩の父」と言われる萩原朔太郎の娘、萩原葉子の同名小説を映画化した『天上の花』。主人公である詩人【三好達治】を演じるのは東出昌大、彼が16年4ヶ月思い続けた朔太郎の末妹【慶子】にはNHK連続テレビ小説「エール」の入山法子。脚本には五藤さや香と『火口のふたり』の荒井晴彦。そして監督は『いぬむこいり』の片嶋一貴。

戦争に翻弄される詩人が愛するあまり妻に憎悪を抱き、崩壊していく姿が越前三国の淋しい一軒家と共に映し出されていく。今回は、そんな難役に挑んだ入山法子さんにお話を伺います。

入山法子インタビュー 緊張感を持ちながら、“不器用さ・生きづらさ”を持つ役を演じた『天上の花』 入山法子インタビュー 緊張感を持ちながら、“不器用さ・生きづらさ”を持つ役を演じた『天上の花』

―― 出演のきっかけを教えていただけますか?

「【慶子】役で出演して欲しい」とオファーを頂きました。キャスティングが難航していたらしく片嶋(一貴)監督の古くからの友人でキャスティングをされている方が私のことを見て下さっていて「入山さん、お着物も似合うし、どう?」とお話されたのがきっかけのようです。そのキャスティングの方は、朝の連続ドラマ『エール』でもキャスティングして下さった方で『エール』で演じたカフェの女給姿の印象が残っていらしたようで「着物なら」ということで声をかけて下さったようです。

―― 【慶子】というキャラクターについてどう思われましたか。

 “なんて不器用な人だろう”と思いました。なんでそんなふうにしか言えなかったんだろうと‥‥。【三好(達治)】に対してもそうですが【慶子】の母親との関係が一番心に引っかかっていました。母に言われるがままに3回も結婚しましたし、そういう所から彼女の生きづらさがずっと続いているようにも思えて“母親との関係性がどうだったのか?”を長い間、考えていました。

―― 映画では母親との関係は、あまり描かれていませんが、どのように構築されていかれたのですか。

想像するしかなかったです。後は兄である【(萩原)朔太郎】が話していることや萩原葉子さんが書かれた原作「天上の花−三好達治抄−」に書かれている萩原家の雰囲気を参考にしていました。【慶子】さんは、外見ばかりではなく、本当は自分自身を求められたかったのではないかと思います。

入山法子インタビュー 緊張感を持ちながら、“不器用さ・生きづらさ”を持つ役を演じた『天上の花』

―― 映画を観ながら【三好】は時代に囚われてしまった男の人でもあり、籠の中の鳥である【慶子】は何処に行っても自由に過ごせないというか。

家から逃げられない、それこそ凄い事ですよね。言葉は強力ですが地獄ですよね。しかも撮影地は新潟県柏崎市だったんですが、目の前に広がる日本海を見て、“こんなにも寂しいんだ”と思いました。   

―― 東出昌大さん演じる【三好】との対峙シーンで2人の演技が見えたと思う瞬間のエピソードはありますか。

それで思い出したのは、お燗を頼まれて、お燗をつけて、お酒を持っていったら「ぬるい。つけ直して下さい」と言われて、つけ直して持っていったら「熱い」と言われる一連のシーンの時ですね。台本ではお燗をつけて、お酒を持っていった【慶子】は立ち去り、【三好】は自分でお猪口にお酒をつぐというト書きでした。ところが、東出さんは自分でお酒をつがず、【慶子】に向かってお猪口をグイと突き出して来たんです。

その時“うわぁ!この人、突き出して来た”と思って(笑)もちろん2人の間で段取りとかしていなくて“あ、これだったんだ”と凄く思いました。激しいやり取りがある結構手前での撮影シーンでしたので“2人の関係性は、こういうことだったんだな”と思った記憶があります。

―― 私もあのシーンは凄く印象に残っています。【三好】が意地になっているのが見えますよね。

本当は立ち去る【慶子】だったはずが、【慶子】についでもらう展開に変わりました。現場で変更になったので面白かったです。凄くイラっとして、これが【慶子】自身の気持ちなんだ、と思いました(笑)。

―― 現時点で役者という仕事をどう思っていますか。

“これしかない。役者しか出来ない”と思っています。自分自身が空っぽだと思う瞬間があって、頂いた役から学ぶことが多いんです。だから、実生活よりも役柄や役に関係している人たちから頂く感情が凄く多くて、その学びや感情から自分を作ってもらっているみたいな印象を持っています。そんな風に生きていくのではないかと今は思い始めています。

―― 今回の『天上の花』に出演したことで得たものはありますか。

難しいですね‥‥、そうですね、危機感ですかね(笑)。愛されること、やりたいこと、信念など、もっと色々なものがあると思うのですが、今真っ先に頭に浮かんだのは危機感です。明日生きていけるかもわからない、次の瞬間に爆弾が飛んでくるかもしれない、そんな環境で生きている人たちの緊張感を毎日感じていました。

入山法子インタビュー 緊張感を持ちながら、“不器用さ・生きづらさ”を持つ役を演じた『天上の花』

―― モデルとして芸歴をスタートし、様々なドラマ、映画に出演されていますが、俳優として転機となった作品はなんですか。

それこそ、『SP 野望篇/革命篇』(公開:2010年、2011年)とテレビドラマ『きみはペット』(2017年)は自分にとって大きな出来事でした。

『SP』はあんなにも時間をかけて作られる現場に行くのが初めてでした。アクションシーンもあったので3ヶ月ぐらい稽古期間がありました。そこで体を作ることで感情がのることがあるということを知りました。言葉や声だけでなく、体の表現がある、そしてそれは繋がっていることを現場で学ばせて頂きました。だからこそ心身共に健やかでないといけないと思いました。

『きみはペット』は主演させて頂いたことも大きいですが、第1話の撮影の最中に熊坂出監督に「このままその芝居を続けていたら、皆から嫌われてしまう」と言われたんです(笑)。「何で?」と思って監督に聞いたら「それは自分で考えてみるといい」という感じで。

入山法子インタビュー 緊張感を持ちながら、“不器用さ・生きづらさ”を持つ役を演じた『天上の花』

そんな風に言われながらも今も仲の良い監督なんですが、その言葉をもらってブチ当たった時に今まで自分がやりたいことを実現させようと芝居をしていたことに気づいたんです。芝居って目の前に居る人の顔を見て、目を見て、受け取って返すというお芝居の基本を大事にしないといけないと気づくことが出来ました。

準備してきたものではない、その場で生まれたものをカメラの前で表現することは難しいです。でも、そこに“こんな風に映りたい”という自意識が芽生えてしまったら、その時点で私はいい形ではないと思うんです。自分のあるがままを受け入れる、受け入れられるお芝居をしていきたいと思えたきっかけの作品です。 そこから少しずつ重ねていって30代を過ごしています(笑)。

『SP』のスタッフ、キャストとの集まりで出会った入山法子さんは、その当時から自然体なのに存在感があり、その笑顔につられてこちらも笑ってしまうような存在でした。そんな彼女が『天上の花』では、食べ物に執着するものの、料理も得意ではなく、夫に従順ではない美しき女性として、スクリーンの中で花開いていたのでした。それこそ、壊してはいけない強さを秘めた女性の立ち姿。芯の強さって美しさなのですよね。

取材・文 / 伊藤さとり
写真 / 奥野和彦

作品情報 入山法子インタビュー 緊張感を持ちながら、“不器用さ・生きづらさ”を持つ役を演じた『天上の花』 映画『天上の花』

昭和になってすぐのこと、貌の末妹・慶子と運命的に出会う。たちまち恋に落ちた達治は、結婚を認めてもらうため北原白秋の弟が経営する出版社に就職するが、僅か二ヶ月であえなく倒産。再び寄る辺なき身となった達治は慶子の母に貧乏書生と侮られて拒絶され、失意の中、佐藤春夫の姪と見合い結婚をする。時は過ぎ、時代は彼を国民的詩人へと押し上げてゆく。しかし、朔太郎とはその戦争詩をめぐって関係が悪化。そのまま朔太郎は病死。そして四日後には慶子が夫・佐藤惣之助と死別する。朔太郎三回忌で再会した達治は、慶子に16年4ヶ月の思いを伝え、妻子と離縁し、慶子を家に迎える。純粋な文学的志向と潔癖な人生観の持ち主である達治は、奔放な慶子に対する一途な愛とその裏返しの憎しみが次第に心を蝕んでゆき、2人の愛憎劇は思いもよらぬ結末を迎える‥‥。

監督:片嶋一貴
脚本:五藤さや香、荒井晴彦

原作:萩原葉子「天上の花−三好達治抄−」

出演:東出昌大、入山法子、浦沢直樹、萩原朔美、林家たこ蔵、鎌滝恵利、鳥居功太郎、間根山雄太、川連廣明、関谷奈津美、ぎぃ子、有森也実、吹越満

配給宣伝:太秦

©2022「天上の花」製作運動体

2022年12月9日(金) 新宿武蔵野館、ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺他順次公開

公式サイト tenjyonohana.com

入山法子インタビュー 緊張感を持ちながら、“不器用さ・生きづらさ”を持つ役を演じた『天上の花』