タープは、ソロキャンプや大人数のグループキャンプなど、使う状況によってさまざまなアレンジが可能な万能アイテム。今回は、タープの基本的な設営方法や簡単アレンジ方法を紹介しよう。

タープに必要なアイテム

  • タープ
  • ペグ6本
  • ポール2本
  • ガイロープ6本
  • 自在金具8つ

タープは、大別すると長方形の「レクタタープ」、六角形の「ヘキサタープ」、ひし形の「ウイングタープ」の3種。今回は、筆者がキャンプで日頃愛用しているヘキサタープ(4700×4200mm)で設営を行った。

タープをたてる際に必要なアイテムは、ポールと丈夫なペグガイロープ自在金具の4つ。筆者の場合は、村の鍛冶屋の鍛造ペグ「エリッゼステーク」(全長28cm)と、しっかり地面をとらえてくれる円錐形の先端が特徴的なフューチャーフォックス製のポール(直径28mm/最大240cm)を使用している。

ガイロープは、夜間に足を引っ掛けてしまうことが多いため、子連れキャンプならとくに反射付きタイプがおすすめだ。

ガイロープの事前準備

メインポールで使用するガイロープ×2本の準備

メインポールで使うガイロープの長さは、ポールの長さによって調整する必要はあるが、筆者の場合は2.4mのポールを使う際は、8mほどのものを使っている。また、ポールのピンに引っ掛けられるように、先端を輪っか状にしておき、長さ調整をするために便利な自在金具を付けておこう。

タープの4隅に使用するガイロープ×4本の準備

タープの4隅のフックに結んで使う4本のガイロープは、筆者の場合約3mのものを使用。こちらにも自在金具の取り付けを。ちなみに、毎回タープに結ぶのが面倒なので、4隅のフックにつけっぱなしにしている。

手順1:タープを平らな場所に広げる

まずは、十分なスペースを確保したうえでタープを半分に折る(全面広げてもOK)。なるべく傾斜がない平らな場所を選ぶのもポイント。風が強い場合は、ペグなどを重し代わりにすると便利。

半分に折った部分の両端がポールを立てる位置になるため、ペグを軽く打って目印にしておくのがおすすめだ。

手順2:メインポールをセットし、ガイロープの長さを調節する

目印のペグを起点にタープ長辺の延長線上にポールをまっすぐ地面に置いてセットする。輪っか部分のガイロープをメインポールのピン(先端)に引っ掛け、ポールより20〜30cm短くなるようにガイロープの長さを調節する。

手順3:ガイロープを45度の位置にセットしてペグダウン

次にメインポールから45度くらいの位置にガイロープをセットし、ポール1本につき2カ所、全部で4カ所をペグダウンする。

手順4:メインポールを立てる

いよいよポールを立てる工程。メインポールのピンに、タープのグロメットを差し込み、タープを抑えるように一番上にガイロープの輪っかがくるようにセットアップ。

ガイロープの抜けを防止するためのボール型のアイテムなどもあるが、きちんとテンションをかけてやればそうそう抜けない。

ポールより少し短くしたガイロープを今度は伸ばして余裕をもたせてたら、目印にセットしたペグあたりにポールを立てる(目印のペグは抜いておくのを忘れずに)。

ポールの下側が若干内側に入るように少し斜めに立てると倒れづらく、テンションがかかりやすい。また、ポールの先端が円錐になっているタイプは、地面にがっちり食い込んでくれるのでより立てやすくおすすめだ。

タープの貼り方手順4

メインポール2本を立てたら、タープの4隅をペグダウンすれば完成だ。タープ長辺の中央からタープの各隅までまっすぐのラインをイメージしながら、その延長線上にガイロープがくるようにペグダウンする。

とはいえ、地面の傾斜にも左右するため、タープがシワにならない位置を探りながら立てるといいだろう。

簡単アレンジ術

開放的な空間がほしいとき

大人数でタープを使用する時や、より開放的な空間にしたいときは、メインポール2本に加えて、片側のみサブポール2本を使ったり、さらに2本ポールを追加して両側に2本ずつ合計4本のサブポールを立てれば、開放的でより広い空間に。

目隠しやハンモック泊などに

片側2カ所を地面に近い低い位置にペグダウンすれば日差しカットに加え、目隠し代わりにもなる。ハンモックとの相性もバッチリのスタイルだ。

ソロキャンプにもピッタリ

2本のメインポールを低くセットし、4隅を地面に直にペグダウンすれば、A型の空間ができ、ソロキャンプなどでも使い勝手の良い空間が確保できる。

雨キャンプに有効

また、タープに複数のフックやグロメットが付いている場合は、中央付近のフックやガイロープで引っ張りペグダウンしたり、ポールを立てたりなど、傾斜を作ることで雨が流れるようになり、雨対策にもなっておすすめ。

タープの基本設営方法を覚えると、アレンジするのも比較的簡単にできるはずだ。夏の暑さ対策はもちろん、目隠し代わりにしたり、テントの出入り口にセットすれば雨対策として便利に使えるなど、さまざまなメリットを感じられる万能なアイテムを使いこなせばより快適なキャンプを過ごせる!

ソロキャンプ初心者必見!おすすめの道具や始め方&楽しみ方を解説
ソロキャンプテントおすすめ50選&選び方!軽量・前室付き・高コスパ別
初心者でも簡単に作れるキャンプ飯28選!スキレットやダッチオーブンレシピも