新しい防寒着の購入を検討する時、どんな点を重視するだろうか。見た目や機能性のほか、お気に入りのブランドを理由として選ぶケースが多いかもしれない。

しかし、防寒着は、使われる生地や素材によって特徴が異なる。その名の通り寒さを防ぐ役割があるからこそ、まずは“どんなシーンで使うか”を明確にすることが大切だ。

ここでは、防寒着の基本について解説するほか、自分に合った一着を選ぶ際のポイントを紹介する。

●防寒着の使用シーンを明確に

寒さから身を守るためにも、まずは購入したい防寒着をどんなシーンで使うかを明確にしよう。通勤やプライベートで使う防寒着の場合、あまり汗をかかない。一方で、アウトドアや冬のアクティビティで使う場合は、汗が出た後のことを想定する必要があるからだ。

▷汗をかかない場合

この場合の防寒着を選ぶポイントは、風を防ぐ防風性と、防寒着のなかの湿度を保つ保湿性の有無だ。

通勤をはじめふだんの行動の際の防寒着の基本は、冷たい風を防ぐことがひとつ目のポイント。風を通す生地や素材を使った防寒着をチョイスしてしまうと、体温を奪われかねない。

そして、2つ目のポイントとして、適度な湿度を維持してくれるかどうかが挙げられる。体から出た湿度を放出してしまうと体温は下がるが、保湿性のある防寒着の場合は湿度が外に出ない。空気より湿度のほうが熱を伝える力を持っているため、適度な湿度は体温の維持や伝達にひと役買ってくれる。

結果、防寒着と体の間に温かさが広がり体に放射されることで、より温かさを感じられるだろう。

▷汗をかく場合

一方で、汗をかく場合は、水分を防寒着の外に逃がす透湿性があるかどうかが重要だ。先ほど説明したように、適度な湿度の場合はその湿度を上手に保つことで、防寒着と体の間の空気を温めることができる。

しかし、一度かいた汗はインナーや上着にしみこむため、防寒着に透湿性がないと、たまった汗は逃げ場をなくす。やがて水分は冷えていき、体温をどんどん奪っていってしまう。

冷えが厳しい冬場のアウトドアやアクティビティの場合、こうした汗冷えは非常に危険。体が動かなくなり、最悪の場合は低体温症を招き、命にかかわる状況にもなりかねないのだ。

▷インナー選びも重要

防寒着をより効果的に機能させ、冷えから体を守るためにもインナーを使い分けるのも大切だ。

汗をかく場合は、速乾性のある生地を使ったインナーをチョイスしよう。汗をかかない場合は、保湿性の高いインナーであれば、防寒着と組み合わせることで効果が期待できる。

●防寒着の代表的な素材とそれぞれの特徴

防寒着を選ぶ際には、どんな生地や素材が使われているかどうかにも注目してみよう。

▷表地がウール

古来、防寒着に使われてきた素材。基本的には羊毛を使われているものを指すが、ヤギの毛を使ったカシミヤや、アンゴラといった毛織物を含めた形を指すこともある。

ツイード生地のほか、フェルトのような質感のメルトンなどが知られており、保温性があるため古くから防寒着の生地に使われてきたが、現代の多種多様な生地のなかでは防風性に優れているとは言えない。

▷表地がナイロン

軽くて強度があるナイロン系の生地は、動きやすいためアウトドアで活躍するシーンが多い。ダウンジャケットの表地などにも使われている。他の素材と混紡することで、通気性や防水性を高めた生地もある。

▷表地がポリエステル

安価なため防寒着以外の衣服にもよく使われる素材。ペットボトルなどを再生して作ることができるので、環境に配慮した素材として採用されることが多い。ナイロンと同様に他の素材と混紡することで防寒性を高められるほか、加工を施すことで撥水性や防風性を高めた生地が使われることも。

▷表地が透湿防水素材

登山ウェアなどにも使われている素材。撥水性のある表地に、吸水性や透湿性のある裏地を組み合わせることで、体から出た水分を外に逃がしつつも、外からの水分を防ぐことができるという優れた特徴を持つ。その性質から、防寒着をはじめレインコートにも使われ、高価格帯で販売されていることが多い。

アウトドアブランドを代表に、各メーカーが多機能な生地を使ったモデルを展開している。

●防寒素材と裏地も合わせてチェック

防寒着は、表地のほかに、中綿や裏地にどんな素材を使っているかも確認しよう。例えば、中綿にダウンを使っている場合とコットンを使っている場合では、ダウンのほうが保温性は高い。しかし、ダウンは湿気に弱いという側面もある。

また、裏地ひとつをとっても、ポリエステルでできたボアやポリエステルを使ったフリース素材など、その種類はさまざま。裏地を取り外せるケースもあり、使い方によっては防寒着の使用シーンを広げてくれることもある。

防寒着を選ぶ際には見た目やブランド、流行を重視するだけではなく、使用するシチュエーションや目的をふまえることがポイント。冬でも快適に過ごすためにも、こうした素材などにこだわり自分に合った一着を手に入れよう。