100年以上の歴史がある「アルコールストーブ」。このアルコールストーブはアルコールを燃料とする携帯用コンロであり、高機能のバーナーにはない魅力がたくさんある。バーナーやコンロの購入を検討している方は、ぜひ一度アルコールストーブの良さと見比べてほしい。

本記事では、アルコールストーブの魅力や素材による違い、おすすめメーカーや製品を解説する。最後まで読めば、アルコールストーブの良さが明確にわかり、自身にとって最適な製品を購入できるはずだ。

アルコールストーブとは?

アルコールストーブとは、燃料にアルコールを使用する携帯用コンロのことだ。アルコールストーブ本体に燃料のアルコールを入れ、ライターなどを使って着火させる。シンプルな構造であるため、本体が軽量かつ非常に壊れにくい。ゆったりとアウトドアを楽しみたい方が主に愛用している。

実は、このアルコールストーブには100年以上の歴史があり、以前からキャンプや登山などのアウトドアで利用されていた。いまでは高機能のバーナーが登場したことでアルコールストーブの利用者が減ってしまったが、アルコールストーブにしかない魅力もあるため、最近になって再び人気が高まっている。

アルコールストーブの魅力3つ

アルコールストーブにはどのような魅力があるのだろうか? 本項では、アルコールストーブの魅力を3つ解説する。アルコールストーブの必要性をさらに理解できるはずだ。

コンパクトで軽い

アルコールストーブの魅力1つ目は、コンパクトで軽いことだ。本体が軽量で持ち運びやすいため、大荷物になりやすいアウトドアなどで有効。また、車に常備しておけば、必要になったときすぐに使用することができる。

そのほか、パーツが少ないことからパッキングしやすく、燃料は必要量だけ持っていけば事足りるため、重量の調節がしやすい。荷物が多くなりがちなアウトドアにおいては、便利に活用することができる。

燃料費が安い

アルコールストーブの魅力2つ目として、燃料費が安いことがあげられる。アルコールストーブに使用する燃料は安価で購入できるため、全体のコストを抑えることができる。また、ホームセンターやドラックストアなどで入手可能なので、燃料が切れたときに旅先ですぐに補充できる魅力がある。

故障する心配がほとんどない

アルコールストーブは故障する心配がほとんどない。シンプルで原始的な構造であり、部品数が少なく丈夫であるためだ。故障する原因として考えられるのは本体の破損くらいなもので、よっぽどのことがない限り故障しない。

アルコールストーブの素材

ここまで、アルコールストーブの基礎概要と魅力を解説した。続いて、アルコールストーブの素材について見ていこう。アルコールストーブには大きく分けて、「真鍮(しんちゅう)」「チタン」「アルミ」の3つの素材がある。これら素材にはそれぞれ異なる特性があるため、1つずつ詳しく紹介しよう。

真鍮(しんちゅう)

真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金のことである。別名で黄銅(こうどう、おうどう)とも呼ばれる。この真鍮はアルミよりも少し重量があるが強度は優れている。また、錆びやすい特性はあるものの、使い込んでいけば味のあるアルコールストーブになる。

チタン

チタンは銀灰色の金属であり、圧倒的な軽量性を持ち合わせている。しかし、チタンは原料が希少であるほか、加工するのに一定の技術を要することから、チタン製のアルコールストーブは高価になりやすい。

アルミ

アルミは安価で加工しやすいという特徴を持つ。アルコールストーブを自作するときにアルミがよく使われる。また、アルミ缶を使ってアルコールストーブを作ることも可能。

アルコールストーブを選ぶ際に重要となるポイント

アルコールストーブの素材についてわかったところで、アルコールストーブを選ぶ際に重要となるポイントを3つ解説する。アルコールストーブを購入する予定の方は、ぜひ参考にしてほしい。

容量と燃焼時間

アルコールストーブを選ぶ際には、容量と燃焼時間を確認しよう。アルコールストーブは燃焼中に燃料を追加できない。そのことから、アウトドアの調理にこだわりたいという方は、長時間燃焼できる容量の大きい製品が良いだろう。

しかし、容量が大きくなるとアルコールストーブ本体のサイズも大きくなる。容量が大きい製品は荷物の負担になる恐れもあるため、用途に合わせて容量と燃焼時間を選択しよう。

火力調節機能

アルコールストーブには火力調節機能というものがある。主な目的が調理であれば、なおさら火力調節機能が必要だろう。

ただし、この火力調節機能は本体に直接備わっているわけではなく、火消し蓋を利用して火力を調節する。アルコールストーブを使った調理にこだわりたいのであれば、火力調節機能の有無を確認しよう。なお、火消し蓋を使った火力調整は、点火しているアルコールストーブの上に蓋を置くだけなので非常に簡単である。

素材や付属品

アルコールストーブを選ぶ際は素材や付属品に注目しよう。先ほど解説したように、アルコールストーブには大きく分けて「真鍮」「チタン」「アルミ」の3つがある。素材によって強度や重量に差があるため、しっかりと確認しよう。

また、五徳や風防、火消し蓋などの付属品もチェックすべきである。五徳はクッカーやシェラカップを置くための製品であり、安定した調理を行いたい方には必要だ。また、風防があれば風が強い日でも安心して調理を行える。アルコールストーブは火力が低いため、この風防と組み合わせればより安定する。

アルコールストーブのおすすめメーカー

アルコールストーブを選ぶ際のポイントは理解できたはずだ。次に、アルコールストーブのおすすめメーカーを解説する。自分好みのメーカーを見つけるためにも、ぜひ参考にしてみてほしい。

トランギア(trangia)

おすすめメーカー1つ目は、アウトドアの調理道具を扱っているスウェーデンブランド「トランギア」だ。トランギアは1925年にスウェーデンで創業された伝統あるメーカーで、メスティンやケトル、クッカーなどを販売している。

トランギアはアルコールストーブにも力を入れており、単体販売はもちろんのこと、セット商品や関連アイテムも多数取り揃えている。製品1つひとつにこだわっていることから、多くのキャンパーから評価されているメーカーである。

バーゴ(VARGO)

2つ目に紹介するおすすめメーカーは、アメリカのブランド「バーゴ」だ。主にチタン製のアイテムを多数展開しており、軽量化を目指すミニマリストに高く評価されている。アルコールストーブやカトラリー、マグカップを取り揃えるなど、さまざまなアウトドアグッズを販売している。

バーゴから販売されているアルコールストーブは、どれも軽さと耐久性に優れており、長期間行うアウトドアにおすすめだ。長く使えるアルコールストーブを探し求めている方は、ぜひ一度検討してみよう。

エバニュー(EVERNEW)

アルコールストーブのおすすめメーカー3つ目は、大正13年9月に創業された日本ブランド「エバニュー」だ。「スポーツを通して健康的な社会創りに貢献すること」を理念として抱えており、さまざまな魅力的アイテムを販売している。

力を入れているのはアウトドア用品だけでなく、スポーツ用品、ウインタースポーツ用品なども取り揃えており、軽さ・強さ・精巧さを兼ね備えた製品は日本国内のほか、海外からも高い支持を獲得している。

アルコールストーブのおすすめ製品6選

ここまで、アルコールストーブのおすすめメーカーを解説した。それでは最後に、アルコールストーブのおすすめ製品を6つ紹介する。自身にとって最適な製品を見つけよう。

トランギア ゴトク付 アルコールバーナー TR23

1つ目に紹介するおすすめ製品は、「トランギア ゴトク付 アルコールバーナー TR23」だ。本製品はアルコールストーブと専用五徳のセット商品である。

少し大きめのアルコールストーブで安定感が抜群なので、風の強い場所でも難なく利用できる。また、サイズが大きいこともあり、フライパンや鍋を置いてもグラグラと揺れることなく、快適な調理ができるだろう。そのため、複数人で行うアウトドアに適したアルコールストーブである。

バーゴ トライアドマルチフューエルストーブ T-305

アルコールストーブのおすすめ製品2つ目として、「バーゴ トライアドマルチフューエルストーブ T-305」を紹介する。燃料を選ばない使い勝手の良さが利点。固定燃料や燃料ジェルも使用でき、可愛らしい少し独特なデザインが魅力的だ。

本製品はアルコールストーブ自体に五徳が取り付けられているため、わざわざ別売りの五徳を用意する必要がない。さらにチタン製で重量が30gと非常に軽く、ソロキャンプで荷物の負担を減らしたい場面で有効的だ。軽いだけでなく耐久性も兼ね備えている。

エバニュー アルコールストーブ用スタンドDX EBY255

アルコールストーブのおすすめ製品3つ目は、「エバニュー アルコールストーブ用スタンドDX EBY255」だ。こちらの製品はアルコールストーブに、上部スタンドと下部スタンドが付属しているセット商品だ。付属している2つのスタンドは風よけになるだけでなく、燃焼効率を向上させる効果にも期待できる。

また、素材にはチタンが使用されていることから、軽量かつサビに強い利点がある。収納時は非常にコンパクトであるほか、燃焼効率も非常に良いため、荷物の負担を減らして料理や焚き火台として活用したい方におすすめだ。

トランギア アルコールバーナー TR-B25

アルコールストーブのおすすめ4つ目は、「トランギアのアルコールバーナー TR-B25」だ。多くのキャンパーから支持されているアウトドアブランド「トランギア」から販売されている製品であり、大人気のロングセラーアイテムだ。

燃費効率が非常に高く、アルコールタンク約3分の2の燃料で約25分間の燃焼が可能。また、タンク用の蓋が付属しているため、燃料を入れたまま持ち運びができる。その蓋を使って火力調整や消火を行えるものの、取っ手がないため注意しよう。

アルコス アルコールストーブ シングルバーナー CS-B02

5つ目におすすめする製品は、「アルコス アルコールストーブ シングルバーナー CS-B02」だ。黒っぽいデザインが特徴的で非常におしゃれである。本製品は燃料用アルコールのほか、消毒用アルコールを燃料として使用できる。

また、最大火力での連続燃焼時間は約30分とかなり長く、消火や火力調整もスムーズだ。釣り、登山、ハイキングなど、あらゆるアウトドアで活用できるアルコールストーブであり、強い火力を求める方におすすめ。

エスビット クックセット・アルコールバーナー付 985ml ESCS985HA0

最後に紹介するアルコールストーブのおすすめ製品は、「エスビット クックセット・アルコールバーナー付 985ml ESCS985HA0」である。本製品にはアルコールストーブのほか、985mlポット、470mlポット、ウィンドシールド、Esbit固形燃料タブレットトレイ、収納用メッシュバッグが付属している。

本製品が1つあれば、調理に必要な道具がある程度揃うため、炒め物やカレー、パスタなどのさまざまなレシピを調理可能である。さらに、取っ手付きのアルミ製飯ごう「メスティン」を用意すれば、ソロキャンプの食事は概ね問題ないだろう。調理に必要な道具をまとめて揃えたい方におすすめの製品だ。

なお、アルコールストーブとセットで揃えることでさらに便利となる「メスティン」は、「キャンパーに大人気! アウトドアで役立つ「メスティン」とは?|使い方やおすすめの製品をまとめて解説」で詳しく解説している。

まとめ

本記事では、アルコールストーブの魅力や素材による違い、おすすめメーカーや製品を解説した。

アルコールストーブは高機能のバーナーが登場したことにより、使用する人が減少したように思えた。しかし、荷物の負担になりづらい、車に常備しておけるなど、アルコールストーブにしかない魅力が数多く存在する。そのため、アルコールストーブを愛用している方は意外と多い。

本記事を読んでアルコールストーブに興味が湧いた方は、ぜひアルコールストーブの購入を検討してみてほしい。高機能のバーナーとは違った良さがあるため、アウトドアをより快適に行えるはずだ。

なお、キャンプ用のコンロやバーナーに興味がある方は、「キャンプ用コンロ・バーナーおすすめ57選!選び方や注意点も」をチェックしよう。アルコールストーブと見比べるのも良いだろう。

1台で6種類もの調理を可能にする「ダッチオーブン」とは? おすすめ製品やレシピを大公開
アウトドアにおけるマストアイテム「LEDランタン」|従来のランタンとの違いとは?
紫外線と反射光を軽減できる「偏光サングラス」とは? 使用場面やおすすめ製品を解説