Appleを創業して数々の革命的製品を生み出した「スティーブ・ジョブズ」。スティーブ・ジョブズは革命的な製品だけでなく、現代ビジネスや日常生活に活用できる素晴らしい名言も残している。

そこで今回は、スティーブ・ジョブズの名言・格言を3つ紹介しよう。本記事を最後まで読むことで、心の支えとなる名言を知ることができるだろう。

■スティーブ・ジョブズとは?

スティーブ・ジョブズはiPhoneやiPodなど、数多くの革命的な製品を生み出したAppleの創業者である。素晴らしい製品を生み出しただけでなく、ユニークなエピソードや伝説となった15分のスピーチを披露した。

いまでもスティーブ・ジョブズの言葉は全世界に残り続けており、多くの方の価値観や思考の土台となっている。

そんな生き様がリスペクトされているスティーブ・ジョブズの名言は、「いい言葉が聞けてよかった」という感想に留まらず、聞いたものの現実を激しく変化させる力が備わっている。

スティーブ・ジョブズは数々の名言を残しているが、今回は厳選した3つの名言を紹介していこう。

■スティーブ・ジョブズの名言:1つ目

「the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work.」
「心の底から満足する唯一の方法は、自分が素晴らしいと思える仕事をすること。」

もちろん例外はあるが、日本で働く多くの人は「仕事は大変」「仕事をするのは嫌だ」という価値観のもと仕事に取り組んでいる。

しかし、その状態では心の底から満足することはできない。本当に自分が素晴らしいと思える仕事を探すほかないのだ。

スティーブ・ジョブズのこの名言は、日本に住んでいる多くの現代人に刺さるだろう。そして、この名言を聞いて「ハッ」として行動に移すことで、本当に自身が求める何かに出会えるはずだ。

■スティーブ・ジョブズの名言:2つ目

「Stay Hungry. Stay Foolish.」
「ハングリーであれ。愚か者であれ。」

おそらく、この言葉はスティーブ・ジョブズの名言の中で最も有名だ。伝説の15分のスピーチで最後を飾ったこの名言は、シンプルでありながらも非常に感慨深い。

この言葉には「現状に満足せずにこだわり続けろ」という意味があり、同時に「これまでの前例や常識に縛られるな!」という力強いメッセージ性を感じる。

もちろん、スティーブ・ジョブズが伝えたい本当の意味は本人にしかわからないが、筆者は伝説のスピーチを通して上記のように感じた。

いずれにせよ、この名言はどんな状況の人にも当てはまる言葉であり、とても勇気をもらえる素晴らしい名言だといえる。

■スティーブ・ジョブズの名言:3つ目

「So keep looking until you find it. Don’t settle.」
「だから、見つかるまで探すことをやめてはいけない。」

この名言は本来、「自分の夢中になれる仕事」に対する言葉である。しかし、ビジネスだけではなく、日常生活や恋愛などすべてにおいてこの言葉は活きる。

多くの人は長い人生の中で「自分が夢中になれること」や「挑戦しようと思ったこと」が一度はあるだろう。しかし、そう思ったとしても途中で投げ出してしまうケースがほとんどである。

もちろん、その過程にはさまざまな理由があるのだが、スティーブ・ジョブズはこの名言を通じて「それでも探すこと・挑戦することを諦めてはいけない」と、励ましの言葉として語っているように思える。

■まとめ

本記事では、スティーブ・ジョブズの名言・格言を3つ紹介した。

スティーブ・ジョブズはAppleの創業者であり、伝説のスピーチを経て数々の名言を生み出した。ほとんどの言葉が現代人に当てはまる意味を持ち、ビジネスやプライベートに応用することが可能だ。

今回紹介した名言はほんの一例であるため、調べれば数々の名言を知ることができるだろう。スティーブ・ジョブズの生き方や名言に興味がある方は、ほかの言葉もぜひ調べてみてほしい。