「“口コミ”お洒落倶楽部」をテーマに、リアルに使えるトレンドや着こなしを特集した6月号。R40世代にはちょっと懐かしい90年代リバイバルや大人の肌見せルックなど「今季の着こなしの参考に今すぐしたい!」という声を反映したコーディネートがランクイン。みなさんの好みも探しながらじっくりと読んでみてくださいね。

【第5位】
ヴィンテージ調の花柄が
ノスタルジックなデニムスタイル

ニットトップス¥25,300、スカーフ¥9,900(共にヴェニット/ハルミ ショールーム)、デニムパン¥25,300(RHC/RHC ロンハーマン)、シューズ¥135,300(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

第5位は90年代をテーマにした特集から、デニムスタイルがランクイン。1994年公開の青春映画『リアリティ・バイツ』に出てきそうな、ヴィンテージ調の花柄のトップスとグランジムード漂うデニムとの組み合わせが、何とも90年代風。といっても、このとき必ず足元はモダンに落とし込むのが洒落見えのポイント。「可愛くてマネしたくなりました」「レトロで素敵」という声が見られました。

【第4位】
今こそ取り入れたい!
THE 90'sなカルバン・クライン

Tシャツ¥12,100、デニムパンツ¥27,500、ベルト¥16,500(全てカルバン・クライン ジーンズ/カルバン・クライン カスタマーサービス)

思わず「わあ、懐かしい!」と口にしてしまいそうな、カルバン・クラインのTシャツ×デニムルックが第4位に。シンプルなスタイルなのに、今また新鮮な印象で着られるのはさすがCK。「懐かしさがありつつも、サイズ感や着こなし方が今っぽくていい」「この先大人になってからもまだまだこういう格好がしたいなとワクワクした」など、大人の心の声が伝わる嬉しいコメントがチラホラ。

【第3位】
カジュアルなのにスタイリッシュ。
新垣さん×グッチの表紙スタイル

フーディ¥478,500、パンツ¥368,500、イヤリング¥92,400(全てグッチ/グッチ クライアントサービス)

第3位は6月号の表紙を飾ってくれた新垣結衣さんのフーディスタイル。ラフなアイテムなのにモードな雰囲気漂うのは、存在感のあるGモチーフピアスとエナメルの光沢感、そして新垣さんの空気感の化学反応。「表紙の新垣さんがとにかく素敵」「ダボッとした大きめフーディにコンパクトなショートパンツのバランスがいい」「グッチ可愛い」と新垣さん、コーディネート、共に注目が集まっていました。

【第2位】
一枚着なら、ドレスもいいけど
今の気分はオールインワン一択!

オールインワン¥132,000(オールド イングランド/オールド イングランド銀座店)、リング¥3,590(ザラ/ザラ カスタマーサービス)、パンプス¥22,000(メゾンスペシャル/メゾンスペシャル 青山店)

第2位は「リアル感満載のお買い物ターゲット編」特集より、シンプルなオールインワンコーデがイン。ここ最近グッと注目を浴びているオールインワンは、ドレス同様、コーデが楽ちんなだけでなく、サッと着るだけで決まる強い味方。こんなシンプルできちんと感のあるデザインなら、あらゆるシーンにも使える上「足元のピンクが素敵♡」というコメントがもあったように、小物をきかせて遊ぶことも。

【第1位】
クロップトトップスとワイドデニム
肌見せ具合&バランスがまさに旬!

ショートTシャツ¥15,400(オーラリー)、デニムパンツ¥14,300(リーバイス®/リーバイ・ストラウス ジャパン)、ピアス¥41,800、リング¥58,300(共にコールムーン/ショールーム セッション)、バッグ¥14,300(トゥデイフル/Life's 代官山店)、サンダル¥6,590(ザラ/ザラ カスタマーサービス)

堂々の第1位は、クロップトトップスがまさに旬ムードの着こなし。第2位同様、「リアル感満載のお買い物ターゲット編」特集からのコーディネートとあってか、「マネできそう」「クロップトトップスが欲しくなりました」「大人の肌見せ、勉強になる」「短い丈とボリュームパンツのバランスがいい」と、リアルな声が多数寄せられました。シンプルなのに目を引いたこちらのコーデ、圧倒的票数でした!

otona MUSE I