余計なお世話? 知らない人に素足の赤ちゃんが“かわいそう”と言われた漫画が「分かる」

余計なお世話? 知らない人に素足の赤ちゃんが“かわいそう”と言われた漫画が「分かる」

 買い物中、通りすがりの人に言われた言葉を描いた漫画「出会ってしまった」がSNS上で話題となっています。1歳の赤ちゃんをベビーカーに乗せて、買い物をしていた女性。その時、赤ちゃんが靴下を履いていないことを見知らぬ人に指摘され…という内容で「素晴らしい切り返し」「こういう人、いますよね」「分かる」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

姉から聞いた話を漫画に

 この漫画を描いたのは、主婦のkoyome(ペンネーム)さんです。インスタグラムやブログで、4歳と2歳の娘の育児漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

koyomeさん「結婚が決まった頃に、結婚式準備のモチベーションを保つため、記録がてら絵日記ブログ始めたのがきっかけです。それがいつの間にか、育児ブログに変わっていきました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

koyomeさん「姉から聞いた話が面白かったからです。本人と周りでは育児に対しての見え方が違うんだなあという印象でした」

Q.ご自身も、見知らぬ人に「かわいそう」と言われた経験がありますか。

koyomeさん「一度、家族で神社にいた時に『子どもが興味ないところに連れてこられてかわいそうに』と言われたことがあります」

Q.「靴下を履いていないのはかわいそう」と言われたらどう返しますか。

koyomeさん「『脱いじゃうんですよね』とか、つい言い訳みたいに言ってしまう気がします。突然でパニックになったら、姉と同じように笑ってしまうかもしれません」

Q.何でも「かわいそう」と言ってくる人に伝えたいことは。

koyomeさん「『かわいそう』の前にちょっと事情を想像してもらえたらうれしいですね。『あらあら、どうして脱いでるのかしら』なら、その後も気持ちよく会話できる気がします」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

koyomeさん「共感が多かったです。『理由があるのにかわいそうって言わないでほしい』という声や、『身内に毎日言われる』という方もいらっしゃいました。『ついつい心配で言っちゃってるかも』という声もありました。また、姉の返し方を褒めていただく意見も多かったです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

koyomeさん「これまで通り、何気ない育児の日常をつづっていけたらと思います。面白かったことを中心に、クスッと笑える日常を描きたいです。そのうち、育児だけではなく、趣味や自分の日常についても描いていきたいです。細く長く描き続けたいと思います」


関連記事

オトナンサーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索