ぶりっ子から憧れ女子へ! 田中みな実「逆転」の決め手は女優力

ぶりっ子から憧れ女子へ! 田中みな実「逆転」の決め手は女優力

 フリーアナウンサーとしてはもとより、最近は女優としても活躍中の田中みな実さん。10月スタートの連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系)に出演することが先日、発表されました。ゴールデン・プライム帯の連ドラでは初のレギュラーです。

 プロデューサーによると、オファーの決め手は「幅広い女性から支持を受けている」こと。そこを生かして「“仕事”か“恋愛”かで揺れ動く、働く女性の代弁者になっていただきます」とのことです。

 が、ここで意外に感じた人もいるかもしれません。田中さんといえば、TBSの局アナ時代から「ぶりっ子」キャラで知られ、男性ウケがいい分、女性ウケはいまひとつでした。フリーになった直後の2014年に出演したバラエティー「しゃべくり007」(日本テレビ系)でも、「嫌いなアナウンサー」ランキングで上位の常連であることをいじられ、

「好きな方でも3位とかだったらバランスが取れるんですけど、好きな方に一回もランクインしなかったので」

 と自虐的に語っていたものです。そんな彼女が「幅広い女性から支持」され「働く女性の代弁者」を期待されるようになるとは…それこそ、あくまでお約束のギャグだったはずの「みんなのみな実」が現実のものになりそうな勢いです。

「絶対正義」「奪い愛、夏」と立て続けに出演

 これはどういうことなのか。実はこの「しゃべくり007」で、TBSの大先輩にあたる吉川美代子さんのこんな言葉が紹介されました。

「TBSアナウンス部時代は制作側の求める『いわゆる女子アナ』を演じている部分があったのではないでしょうか。今後は、もっと素直な自分らしさを出していってください」

 つまり、あのぶりっ子キャラは「演じている部分」だったというわけです。それが同性から嫌われるほどの「ハマリ役」になったのだから、彼女の「女優力」はかなりのもの。今年に入り、連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)、「奪い愛、夏」(AbemaTV)と立て続けにレギュラー出演して注目されたのも、秘められた「女優としての適性」が開花したからでしょう。

 そんな彼女と同様、逆転劇を演じた人がいます。タレントの高橋真麻さんです。こちらもフジテレビの局アナ時代、「嫌いなアナウンサー」の常連でしたが歌唱力とぶっちゃけトークでイメチェンに成功、同性からの支持を獲得しました。

 不遇だった頃は、父・英樹さんに教えられた、こんな言葉に励まされたそうです。

「悪名は無名にまさる」

 何も知られていないよりは、悪口の一つも言われた方がいいという意味で、芸能界では、まさに金言でしょう。言い換えるなら「絶対値」の魅力です。プラスの値が大きいに越したことはないけれど、中途半端にプラスマイナスゼロでいるよりは、いっそマイナスの方が飛躍につながったりするのです。マイナスの値もまた、関心を持たれている証しなのですから。

松田聖子と共通する“女子力”の高さ

 そんな芸能界の真理を大々的に示してみせたのが、かつての松田聖子さんです。デビュー当初は「ぶりっ子アイドル」と呼ばれ、男性ウケに比べ、女性ウケはいまいちでした。それが3年目に髪を短くして「赤いスイートピー」などのユーミンサウンドを歌い始めたことを機に、アンチだった女性たちがファンに変わります。その後は自由奔放な生き方も支持され、大スターとなっていきました。

 この現象について、作詞家の秋元康さんは、

「男の子の憧れから、女の子の憧れへ、ウマくスリかわった」

 と表現しています。田中さんも今、そんなメタモルフォーゼのさなかにいるのではないでしょうか。両者に共通するのは、女子力の高さです。二人とも、自分磨きに努力を惜しみません。

 例えば、田中さんはむくみ対策として1日3リットルの温水を飲むようにしているといいます。また、トーク番組「おかべろ」(関西テレビ・フジテレビ系)では痩せ過ぎ防止のため、1日2合の白米をノルマにしているとして「そしゃくも大変なので全部おかゆにして、ただただ泣きながら無心で流し込む」という発言で驚かせました。

 こんな女子力と女優力の相乗効果が、セクシーぶりで話題になった連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の女泥棒ドロンジョ役につながったのです。ちなみに、長年維持している体重は38〜40キロ(身長153センチ)だそう。体重を公開する女性有名人は珍しいですが実は彼女、「ぶりっ子」どころか「正直」な人でもあります。

 元カレの藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)とのことも、聞かれれば隠すことなく語ってきました。こうした「正直」キャラももっと広まると、好感度がさらに上がることでしょう。

 ところで、彼女の本業はもちろんアナウンサー。ちょっとクセが強い(?)番組でも沈着冷静に振る舞いつつ、ときには“おもちゃ”にもなれるのが強みです。先日もバラエティー「有吉ジャポン」(TBS系)で、「人の乳首の位置を当てられる」という女性ゲストの実験台になり、数秒の尺で完璧なリアクションを見せていました。

 ぶりっ子から憧れ女子へ――。彼女の逆転劇は、世の女性たちにとっても大いに参考になることでしょう。


関連記事

オトナンサーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索