史上最高の大豊作! 「3年A組」卒業生たちの今、そしてこれから

史上最高の大豊作! 「3年A組」卒業生たちの今、そしてこれから

 今年放送されたドラマの中でも一、二を争うインパクトをもたらした1月クールの連続ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」(日本テレビ系)。主役の俳優・菅田将暉さんが喝采を浴びるとともに、生徒を演じた役者たちも大いに話題を集めました。

 そこには、朝ドラ主演女優の永野芽郁さんや元AKB48の川栄李奈さん、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さんのように、既に実績十分だった人もいます。が、この作品でブレークや再浮上を果たした人もいました。

 その状況は、かつての「3年B組金八先生」シリーズ(TBS系)を思い起こさせます。このドラマの第1作は、武田鉄矢さんの熱演はもとより、杉田かおるさんや三原じゅん子さんといった子役出身者に、たのきんトリオの3人のようなアイドルの卵を組み合わせることで大ヒットしました。

 これを皮切りにその後も、森且行さん、風間俊介さん、平愛梨さん、上戸彩さん、濱田岳さん、趣里さんといった人たちが出演して、スターへと羽ばたいていったのです。

 そんな「3B」が30年以上かけて輩出した実績と遜色のないレベルで、この「3A」も逸材を送り出したのでは。そんなふうに思えます。

森七菜は「天気の子」でヒロインの声

 まずは、森七菜さん。作中では電脳部所属で、解析が得意な女子を演じました。「3A」卒業後はアニメ映画「天気の子」でヒロインの声を務めた他、公開中の映画「地獄少女」にも準主役で出演しています。ドラマでは「少年寅次郎」(NHK)にゲスト出演。あの映画「男はつらいよ」シリーズの主人公・寅さんの子ども時代を描いた作品です。

 番組のサイトには、制作統括者によるこんな紹介文が。

「なんといっても、寅次郎の初恋のひとです。そして、さとこから寅さんの片想い人生が始まります」

 過去にそうそうたる名女優たちが演じた「寅さん」映画のマドンナ役の原点ともいえる存在に、彼女が選ばれたわけです。来年4月スタートのNHK連続テレビ小説「エール」では、ヒロインの妹役に決まっており、さらなる飛躍が期待されます。

 その「エール」に、主人公の弟役で出演するのが佐久本宝さんです。「3A」では、乱暴だが情に厚い男子の役でした。デビュー作は映画「怒り」の沖縄パート。渡辺謙さんをはじめメインキャスト7人全員が主役級の超豪華な大作に、現地オーディションで選ばれたのです。

 そこで、新鮮かつ深みのある演技を見せ、衝撃的なクライマックスも無心でやり抜きました。パンフレットでは、こう振り返っています。

「実は、ハサミをつかんでから刺すまでは記憶がないんです。その後、涙が止まらなくて、撮影が終わっても泣きやむことができませんでした」

 デビュー作にして、ここまで役になりきれる才能、これからがますます楽しみです。

子役のイメージを脱却した福原遥

 かと思えば、子役時代からの経験を「3A」で結実させた人もいます。内通者でもあるという複雑な立場を演じた萩原利久さん。デビューは今から約11年前で、小学生時代には「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)でオカレモンJr.になったこともありました。「3A」卒業後はドラマ「電影少女−VIDEO GIRL MAI 2019−」(テレビ東京系)に主演したり、公開中の映画「恐怖人形」でヒロインの相手役を演じたりするまでになっています。

 そして、子役時代の強過ぎるイメージを脱却することに成功したのが福原遙さんです。子ども向け料理番組「クッキンアイドル アイ! マイ! まいん!」(NHK)の「まいんちゃん」を4年間務めた後、少女モデルを経て、女優や声優として活動してきましたが、「3A」では元水泳部の恋愛体質な生徒として登場。渾身(こんしん)の“ガチ泣き”をはじめとするその演技は、菅田さんをして「ギアの入り方がダントツ」と言わしめました。

 ドラマが終わった翌月には、映画「4月の君、スピカ。」に主演。ここには鈴木仁さん、大原優乃さんという「3A」卒業生も出演しました。また、来年1月スタートのドラマ「ゆるキャン△」(テレビ東京系)に主演することも発表されましたが、準主役4人の中には大原さん、箭内夢菜さんという「3A」卒業生が名を連ねています。

 さらに、現在放送中のドラマ「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」(読売テレビ・日本テレビ系)には、福原さんと富田望生さん、横田真悠さんという「3A」卒業生が出演しています。

 このうち、富田さんも「3A」を機に、一段と存在感を高めた人です。ぽっちゃり体形の癒やし系で恋にも強いというキャラは、朝ドラ「なつぞら」でも引き継がれ、コメディエンヌとして全国区になった印象です。

 そんな富田さんは「3A」が最終回を迎えた際、ブログにこうつづりました。

「皆んなに出逢えて 嬉しいんだ とっても もはや嬉しいを通り越して 誇らしいが強い すぐに会えてしまう気がするし すぐにご一緒したいとも思う」

 この「すぐにご一緒」が早くも実現しているわけです。そういえば、ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)でも、レギュラーの今田美桜さんとゲストの上白石萌歌さんによる「3A」卒業生の共演が話題になりました。

 こうしたことは今後、それこそ半世紀以上にわたって繰り返されていくことでしょう。そして、幾多の傑作が生まれるはず。「3年A組」が本当の伝説になるのは、まさにこれからなのです。


関連記事

オトナンサーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る