離婚に関して、特に最近は報告する側もされる側も、反応が変わってきたと感じます。以前は、神妙な面持ちで申し訳なさそうに離婚を報告する人が多かったと思いますし、報告を受ける側も、どう反応したらよいのか戸惑ったり、過剰に心配したり、同情したり…とあたふたしていた印象があります。

 昨今、離婚報告をする人たちの顔には、多くの場合、“スッキリ感”が感じられ、受け止める側の反応も軽やかな気がします。もちろん世代間ギャップもあるでしょう。今回は、共に離婚を経験した母と娘の「離婚観ギャップ」についてご紹介します。

20年前の離婚を引きずる60代女性

 悠子さん(65歳、仮名)は20年前、45歳で離婚しました。理由は夫の暴力と浮気です。現代であれば、「その理由なら離婚が当たり前!」という見方が多いでしょうが、20年前の日本には、「家庭内のゴタゴタは恥ずかしいことだから、誰にも言わずに耐える」という妻たちが少なからずいました。専業主婦の割合も高く、離婚すると経済的に困窮するケースも多くありました。

 悠子さんは離婚を決意し、10歳の璃子(りこ)さん(仮名)を連れて実家に帰りました。当時、実家には両親が健在で、家に戻った悠子さんを父親は温かく迎えてくれましたが、母親は「世間さまに恥ずかしい」と拒絶しました。「大変なのはどこの家庭も同じ。耐えられずに戻ってきたのは悠子の責任だ」というのです。

 悠子さんが離婚届を書くと、母親はそれを隠したり捨てたりして、夫に渡せないようにしました。その間も毎日のように、夫から実家に電話がかかってきて、悠子さんたちに「戻ってきてほしい」と頼みました。ただ、その電話の相手をするのは母親。夫に肩入れして、「離婚するのはやめなさい」と悠子さんを諭します。もともと、娘の夫のことが嫌いな母親だったのに、そうまでして自分を離婚させたくないのかと、悠子さんは絶望します。

 そんな悠子さんをサポートしたのが、悠子さんの実弟の剛(つよし)さん(仮名)でした。実家の近くで家庭を築いていた剛さんは母親を説得し、悠子さんの夫と連絡を取り、離婚への道筋を立ててくれたのだそうです。2年かかって離婚した悠子さんは、パートで働き、お金をためて、子どもが巣立ったら“毒母”のいる実家を出ようと頑張りました。

 ところが、子どもが巣立った直後、父親が倒れ、寝たきりになってしまいます。長年、父親と母親は仲が悪く、母親は倒れた父親の面倒を一切見ようとしなかったため、悠子さんに父親の介護がのしかかったのです。そして、数年の介護の後に父親を看取ると、今度は認知症になった母親の世話が始まりました。悠子さんは言います。

「私のふがいなさから娘にも迷惑をかけて、父親も心労のために倒れてしまいました。母親の世話をするくらいしか、今の私にできることはありません。わが子だけは、円満な家庭で幸せに暮らしてほしかった」

 悠子さんは、家族の不幸は全て、自分の離婚のせいだと思っているようです。

娘は、優し過ぎる夫に飽きて離婚

 悠子さんの娘の璃子さんは19歳のとき、バイト先の7つ年上の店長と結婚し、娘の咲(さき)さん(仮名)に恵まれました。子育てにも協力的で優しい夫でしたが、社交的でまだまだ刺激が欲しいお年頃の璃子さんは、そんな夫がどんどん物足りなくなります。

 そして夫に、「あなたのことは嫌いじゃないけど、私はまだ若いし、いろんな経験がしたい。浮気して悲しませるのも嫌だし、離婚してほしい」と伝えます。夫は動揺しましたが、既に好きな人ができたという璃子さんを引き止めることはできないと、離婚に合意します。そして璃子さんは実家に戻り、一時的に悠子さんと暮らし始めます。悠子さんは璃子さんに、「どうして、優しくて浮気もしない旦那さんと離婚するの? お願いだから思いとどまって」と言ったそうです。璃子さんは、こう言います。

「母は、私が離婚したのは自分(悠子さん)のせいだと言うんです。冗談じゃないですよ。どうしてそんなに、自分に影響力があると思うんですかね。私も咲も楽しく暮らしているのに。私たちの顔を見ると悲しい顔をしたり、咲に『おばあちゃんのせいでごめんね』とか言ったりするんです。孫に謝るおばあちゃんなんていますか? うっとうしいので、仕事とアパートを見つけてすぐ実家を出ました。今は娘と2人でとっても快適です。元夫との関係も良好ですし、幸せです」

 悠子さんと璃子さん。“離婚をした”という事実は同じなのに、どうして、受け止め方やその後の人生の感じ方が違うのでしょうか。人には持って生まれた性分があります。それを変えるのはとても大変です。「離婚は大変だけど気分一新できる、新しい自分になれる」とプラスに捉えると、毎日が輝き始めます。「離婚のせいで周囲が不幸になる」とマイナスに感じてしまう人は、周囲にとって迷惑です。家族が応援しようとしても、卑屈な言葉と態度で返ってくると、応援する気もうせてしまうでしょう。

 離婚に対する捉え方を変えるだけで、全く違う世界が見えてきます。人生の失敗と考えず、「ギアチェンジ」と捉えて、離婚後の生活をアクセル全開に送り、新しいハッピーを勝ち取ってください。