スーパーなどで、お弁当や総菜に値引きシールが貼られることがあります。売れ残って廃棄するくらいなら、値引きしてお客さんに買ってもらい、お客さんもお得な買い物ができるという「win-win」なシステムです。

 この値引きシール、考え方は人によって差があり、細かく話を聞いていくと、それぞれ独自のこだわりがあるようです。その一部を紹介したいと思います。

「喜んで買う派」「避ける派」代表的意見は?

 まずは、値引きシール「喜んで買う派」と「避ける派」、両派の主な考え方です。

「一家3人、子どもは食べ盛りですが、値引きシールを駆使すれば、食費は月に1万〜1万5000円ほど節約できます。私は値引きシールが貼られる時間帯を狙ってスーパーに行きますし、自分が買いたいけどまだシールが貼られていない商品があって、近くにシールを貼る作業をしている店員さんがいたら、お願いして貼ってもらうこともあります。

『恥ずかしい』という気持ちはまったくなく、『家計をうまくやりくりしている誇らしさ』と、廃棄寸前の商品を“助けてあげている”ような『いいことをしている気分』があります」(47歳女性)

「どうしても恥ずかしく思えてしまいます。買うにしても、せいぜい値引きされたスイーツを1、2個が限界です。値引きシール付き商品を買い物かごに入れている姿を見られたり、その商品満載でレジを通したりすると、他人から『あさましい』と思われる気がするからです。

他の人がそうしているのを見てもあまりそうは思わないのですが…。私は少し自意識過剰かも知れません」(37歳女性)

 ここに挙げた2つの意見は、値引きシールを「喜ぶ派」と「避ける派」の代表的なものかと思われます。これは言ってみれば両派の基本形で、ここからさまざまな考え方が生まれています。

「家族の有無」で変化

 例えば、「昔は『喜ぶ派』だったけど今は『避ける派』」という人はこう話します。

「口にするものはおいしく食べたいので、同種の商品が並んでいたら、一番安いものは決して選ばないタイプです。『一番安い』という事実を知っていると『質があまりよくないのかな』という思い込みが先立って、おいしく味わうことができません。

なので、値引きシール付きの商品も同様です。『値引きされている=価値が低い=味も良くない』と反射的に考えてしまいます。

独身時代は、むしろ喜んで値引きシール付きを求めていたのですが、家族ができてからは避けるようになりました。食事は主に私が作りますが、家族には少しでもいいもの、おいしいものを口にしてほしいからです」(29歳女性)

 家族ができて感じ方が大きく変わったケースです。これに関連して、次のような男性もいます。

「1人で買い物に行った時は積極的に値引きシール付きを狙います。帰宅して『総菜が全部半額だった』と報告すると、妻も褒めてくれます(笑)。

しかし、子どもと一緒に買い物に行った際は、値引きシールを避けます。周りの人、特にレジの人に『あの子どもはまともな物を食べさせてもらえていないのかな』と思われたくないからです。うちもお金がある方ではないのですが、子どもがらみのことは、少しばかりコストが高くなったとしても、しっかり見られるようにしておきたい、と考えています」(35歳男性)

 自分一人であれば我慢できる、あるいは気にならないことでも、自分以外の人(この場合だと家族)には同様の我慢をさせたくないという、思いやりの精神です。意外にも値引きシールが「他人への思いやり」について考えさせてくれることもあるようです。

「かえって出費増」パターンも

 最後に、値引きシールが関わったがゆえに、かえって出費が膨らんだケースをピックアップしましょう。

「夕飯を作りたくないから総菜かお弁当を買って済ませたい時、値引きシールの一点狙いです。(シールが貼られる)時間を見計らってスーパーに行きます。

 買い物かごの中は値引きシール付き商品で埋め尽くされますが、それだと恥ずかしいので、値引きされていない商品をいくつか追加で買ってしまいます。買わなくていいものを買うこともあり、『節約どころか、かえって無駄遣いしているのではないか』と自問自答する日々です。

ただし、近所のスーパーがセルフレジを導入してからは、無駄な買い物をしなくて済むようになりました」(40歳男性)

「値引きシールが貼ってあるとお得に思えて、どんどんカゴに入れてしまう。結果、『こんなにたくさん買う必要はまったくなかった……』と反省することもしばしばです。でもまた同じことを繰り返してしまいます。その時よく買ってしまう1位はスイーツ、2位が総菜です。

 夕食前に買い物に行くと、そのタイミングはおなかが減っていることが多いので、すぐに食べられそうな商品の誘惑が、より一層強くなるのだと思います」(31歳女性)

 値引きシール利用者にとっては「あるある」に感じられる部分もあるエピソードではないでしょうか。「たくさん買って、結局1食では食べ切れずに、残りを次の食事に持ち越す」までがセットです。

「たかが値引きシール」ですが、「されど値引きシール」です。これを巡って、いろんな人のさまざまな思惑があるのは面白いですね。

 最近は物価の上昇が著しく、家計への関心がひときわ高まっていることと思います。つまり、値引きシールも平時より注目されている状況です。今日もスーパーでは、値引きシール付き商品を前に、あまたの葛藤が繰り広げられていることでしょう。