核家族化や高齢化に加え、近年のコロナ禍も影響し、変化し続けている「葬儀」の在り方。実際に葬儀を行う際には、葬儀費用がどのくらいかかるのかも気になるところです。そんな葬儀費用に関する調査結果が、ウェブ集客型葬祭サービスを提供する「小さなお葬式」を運営するユニクエスト(大阪市西区)から発表されました。

家族葬の平均葬儀費用は「109万6986円」

 調査は2022年2月から5月、ウェブ上で実施。まず、「日本に住む40代以上」の34万2897人を対象に事前調査を行い、そのうち「過去1年以内に喪主経験がある人」に本調査を実施し、1万1162人から有効回答を得たものです。なお、年代分布は40代が22.49%、50代が36.04%、60代以上が41.47%となります。

 まず、「過去1年以内に執り行った葬儀の形式」について聞いたところ、「家族葬」を選択した人が最も多い65.5%でした。次いで、「一般葬」が19.5%、「直葬」が13.3%と続く結果となっています。

 近年のコロナ禍の影響で小規模葬儀が浸透しつつある中でも、通夜や告別式を行わずに最小限で見送る「直葬」ではなく、家族や親族、親しい友人・知人だけで式を執り行って故人を見送る「家族葬」を希望する人が多いようです。

 では、家族葬を執り行う際にかかった費用についてはどうでしょうか。

 調査の結果、家族葬の平均葬儀費用は「109万6986円」でした。内訳は、「葬儀そのものにかかった費用」75万3971円、「飲食にかかった費用」が11万4408円、「お布施や宗教者手配にかかった費用」が22万8607円となっています。

「葬儀そのものの費用」について聞くと、「100万円未満」が全体の70.8%を占める結果となっており、そのうち「60万円以上100万円未満」が27.0%と最多でした。一方で、「100万円以上」かける人も29.2%いることが分かります。家族葬は小規模に行うため、費用が抑えられる傾向にありますが、一方でオプションなどにより、値段の幅が広くなりやすいようです。

「飲食にかかった費用」は、全体の78.1%が「20万円未満」で準備しており、その中でも最も多いのが「10万円以上15万円未満」(26.7%)でした。また、「お布施・宗教者手配費用」については、「30万円未満」が64.1%を占め、その中でも「10万円以上15万円未満」(18.4%)が最も多い結果に。以降は「20万円以上30万円未満」(17.0%)、「5万円以上10万円未満」(13.4%)と続いています。

 なお、地域別に見た家族葬の平均葬儀費用は、「北海道・東北地方…113万1373円」「関東地方 …121万3892円」「中部地方…116万4145円」「近畿地方…101万5454円」「中国・四国地方…106万9780円」「九州地方…91万964円」となっています。

 調査結果を受けて、同社は「約2年半のコロナ禍を経て、社会全体が時勢や情勢の変化に対応しながらも、大切な人を見送る気持ちは変わっていないと感じる」「葬儀費用は葬儀形式によって大きく幅があり、地域によっても差があるもの。ご自身の希望や条件に応じた葬儀費用を事前に知っておくことで、いざというときのための準備ができるだろう」とコメントしています。