「目がゴロゴロする」「目がチクチク痛い」と感じることがあります。その際、鏡で確認すると、まつげがまぶたの裏側に入り込んでいることがあります。まぶたの裏側に入り込んだまつげは、すぐに取り除くべきなのでしょうか。それとも、放置しても問題ないのでしょうか。TCB東京中央美容外科 仙台駅前院(仙台市青葉区)の安本匠(やすもと・たくみ)院長に聞きました。

痛みが続く場合は受診を

Q.まぶたの裏側に入り込んだまつげは、すぐに取り除くべきなのでしょうか。それとも、放置しても問題ないのでしょうか。理由も含めて、教えてください。

安本さん「まつげがまぶたの裏に入り込んでしまい、自分でうまく取れない場合でも、無症状であれば放置して特に問題ないとされています。なぜなら、入り込んでしまったまつげは、涙とともに自然に出てくることが多いからです。

また、まぶたの浅い部位にまつげがあると、角膜などに触れて『チクチクする』などの症状がありますが、奥に入ってしまうと逆に症状が出ない場合もあります。無症状であれば、無理に取ろうとせずに自然に出てくるのを待ちましょう。

『眼球の裏側に入ってしまったら大変なのでは?』と思うかもしれませんが、まぶたの粘膜である『眼瞼(がんけん)結膜』と眼球の粘膜である『眼球結膜』は、まぶたの裏側で合流しているので、まぶたより奥にまつげが入り込んでしまうということはありません。安心してください」

Q.では、まぶたの比較的浅い部位にまつげが入り、目がチクチク痛む場合、水道水で目を洗ったり目薬を使ったりするなどして、まつげを取り除いてもよいのでしょうか。対処法も含めて、教えてください。

安本さん「まつげが入って目がチクチクする場合、まずはまばたきを繰り返しましょう。まばたきをすることでまつげが移動して自然に出てくることが多いです。まばたきしてもまつげが出ない場合、水道水で目を洗ったり、目薬を使ったりしても問題ありません。

まばたきや目薬などでもまつげが出ずにチクチクするのであれば、まずはまつげがどこにあるか確認しましょう。下まぶたにある場合、簡単にめくれるのですぐに取り除くことができるでしょう。上まぶたにある場合、親指と人さし指でまぶたをつまんでまぶたを浮かせると、まつげの位置が確認できると思います。その際、湿らせた綿棒を使い、まつげを付着させて取るのがおすすめです」

Q.まぶたの裏側に入ったまつげが、眼球を傷つける恐れはないのでしょうか。また、まぶたの裏側に入ったまつげが原因で、「目がゴロゴロする」「目がチクチク痛む」といった状態が長期間続く場合、眼科を受診すべきなのでしょうか。

安本さん「先述のように、まぶたの裏側にまつげが入ったとしても、多くの場合、自然に出てくるので、眼球を傷つける心配はありません。特に、奥に入ってしまった場合は、角膜から離れてしまうので、まつげが奥にあるほど傷つける可能性は低いと考えられます。

ただし、チクチク感や痛みなどの症状がある場合は、まつげが眼球に接触している状態なので、それが長期的に継続すると、眼球を傷つけるリスクはゼロとは言えません。症状が続き自分でまつげを取ることができない場合、眼科を受診してください」

Q.まつげがまぶたの裏側によく入り込んでしまう場合、何らかの目の病気を疑った方がよいのでしょうか。対処法も含めて教えてください。

安本さん「まつげがまぶたの裏側に入ってしまうこと自体は、病気ではありません。しかし、頻繁に繰り返すのであれば、まつげが内側に生える『睫毛乱生(しょうもうらんせい)』や、まつげが何らかの原因で内側を向いてしまう『眼瞼内反(がんけんないはん)』により、まつげが眼球に触れて角膜や結膜が傷つく、いわゆる『逆さまつげ』が原因の場合もあります。

また、そもそも『目に異物感があって、まつげが入ったかもしれないが取れない』という場合、本当に『まつげ』が入っていることが原因なのかを疑う必要もあります。他の異物が入っている場合や結膜結石(結膜に結石が生じる症状)、結膜炎などの目の疾患が原因の場合もあります。症状が続くときは、我慢せずに眼科を受診することが大切です」