中年になっても実家暮らしで、子どもの頃から使っていた学習机や雑貨に囲まれて生活している“子ども部屋おじさん”が、かつて話題になりました。男性というのは、すみかに無頓着な人が多いのかもしれません。たとえ実家を出て独立していたとしても、中年男性の1人暮らし部屋は、たくさんの問題をはらんでいるようです。女性たちが出会った、婚活中年たちの驚くべき部屋の実態とは。

“汚部屋”でポメラニアンがお留守番

 安藤ゆみさん(41歳、仮名)のお兄さま、吉川しんたろうさん(47歳、同)は現在婚活中です。20代で結婚して、既に高校生のお子さんがいるゆみさんは、お兄さまがこのままずっと独身で年を重ねていくのではないかと、心配していました。

 ところが、半年くらい前から「結婚相談所に入って婚活を始めた」という話を聞き、ほっと胸をなで下ろしていました。

 そんなある日、しんたろうさんから電話がかかってきました。

「街中で、バイクで転倒して、そのまま救急車で病院に運ばれて入院になった。ちょっと病院に来てくれないか」

 驚いて病院に駆けつけると、しんたろうさんは片足をギプスで固定され、ベッドに横たわっていました。幸いなことにダメージを受けたのは足だけで、痛がってはいましたが元気そうでした。ただ、頭も打っていたので、念のため入院して検査をするというのです。

 しんたろうさんが、ゆみさんに言いました。

「入院している間、ニコルを預かってくれないか」

 ニコルというのは、しんたろうさんが飼っているポメラニアンでした。

「犬用のキャリーケージは、リビングに置いてあるから」

 そして、鍵を渡しながら、恥ずかしそうに付け加えました。

「男所帯だから、家の中は散らかっているけれど、頼むよ」

 ゆみさんは鍵を預かり、病院の帰り道に、しんたろうさんのマンションに立ち寄りました。部屋の鍵を開けて入っていき、目の当たりにした光景に、あぜんとしてしまいます。服はあちこちに脱ぎ散らかされ、キッチンのシンクには、食事を終えて洗われていない食器がたまり、テーブルの上には飲みかけのコーヒーと、カップラーメンや菓子の袋が散乱していました。

 寝室からは、お留守番をしていたニコルがワンワンとほえている声も聞こえてきました。行ってみると、ケージの中でしっぽを振ってほえているのですが、1日中お留守番していたからか、ケージの中のトイレにはふん尿がたまっていて、ものすごい悪臭もします。

 ゆみさんは、少し前に交通事故で亡くなった男性コメディアンのニュースが脳裏をかすめました。ゴミ屋敷寸前で、犬や猫、鳥が部屋に残され、異臭を放っていたという報道がされていましたが、まさに今、そうした光景が広がっていたのです。

「兄も、このまま独身で暮らしていたら、そういう晩年を送って、待っているのは孤独死かもしれない」

 子犬をキャリーケージに入れて、自分の家に連れて帰る道すがら、「兄には何がなんでも結婚してもらおう」と思ったそうです。そして、しんたろうさんにLINEをしました。

「ニコルは、退院するまで預かります。ゴミ屋敷のような部屋に驚きました。元気になって退院してきたら、まずは部屋の大掃除をしてください。そうでなければ、結婚もできませんよ」

 返信されてきたのは、パンダがペコリと頭を下げるスタンプ1個でした。

処分したゴミは2トントラック2台分

 先日、懇意にしている仲人さんが、こんな話をしてくださいました。

「会員男性が、タイに行ってお見合いをして、国際結婚を決めてきたんですよ」

 国際結婚を決めた野本ふみやすさん(51歳、仮名)は、有名私大を卒業後、上場企業に勤め、年収も1000万円近くあるエリートでした。ただ、女性と付き合った経験がほとんどないままに、年を重ねてしまったのです。

 そして47歳のとき、「最後のチャンスに、家庭を築いて、わが子をこの手に抱きたい」と一念発起をして結婚相談所に入会しました。ただ、最初のうちは仲人さんの言うことを聞かず、20代、30代の女性にばかりお見合いの申し込みをかけていたので、お見合いが成立しませんでした。

 そこから、申し込む年齢層の幅を40代前半にまで広げたのですが、それでもなかなかうまくいかず、あっという間に4年の月日がたってしまいました。そこで、年齢差があっても結婚ができるといわれている国際結婚に切り替えたのです。

 結婚相談所での国際結婚は、2通りのやり方があります。一つは、日本で暮らしている外国人の人たちとお見合いをする方法。もう一つが、海外に出向いてそこでお見合いをする方法です。

 日本にいる外国人女性は、何年も暮らしていれば、もう感覚は日本人と一緒です。50代のおじさんを結婚相手には見ていません。しかし、外国に出向くお見合いは、現地で5、6人の女性とまとめてお見合いし、その中の1人と結婚を決めて帰国するのが一般的です。

 ふみやすさんは、タイで33歳の女性との結婚を決めて、帰国しました。彼女が来日するまでに数カ月の期間があるというのですが、仲人さんは、ある懸念を抱いていました。

「50代の1人暮らしの男性の部屋は、“ゴミ屋敷化”しているのではないかしら」

 そこで、そのことを尋ねると、ふみやすさんは言いました。

「そうですねぇ。かなり荷物を整理して大掃除しないと。清掃業者を頼もうと思います」

 そこで、業者さんが来るという日に、仲人さんもお手伝いに行くことにしました。

 仲人さんは、マンションの3LDKの部屋に入ってびっくり。リビングは、何とか生活できるスペースが確保されているものの、他の3部屋は、荷物と衣服とゴミが散乱し、泥棒に入られて部屋を荒らされたような惨状だったのです。

 仲人さんは、ふみやすさんに言いました。

「これじゃあ、お嫁さんが来ても、びっくりしてお国に帰ってしまうわよ。今日は片付け業者さんも来るし、大掃除しましょう。まず、いらないものはどんどん捨てましょうね。思い切って断捨離よ」

 業者さん2人、仲人さん、ふみやすさんの大人4人がかりで1日かけて清掃作業をし、2トントラック2台分の家具、雑貨、衣服、ゴミなどを処分したそうです。

「あんなに汚い家を見たのは、初めてだったわ。でも、驚くほどきれいになったの」

 仲人さんは、笑いながら満足げに言っていました。

シミだらけのペラペラカーペットと座布団

 加藤ひなこさん(41歳、仮名)は、お見合いで出会った男性、内山とおるさん(47歳、同)と真剣交際に入り、順調に結婚までのこまを進めていました。

 ところが、あるとき、ひなこさんから「相談したいことがあります」と連絡が来ました。それが、こんな内容でした。

「真剣交際に入ってから、お互いの家を行き来するようになったんです。私の1人暮らしの家に来て、ランチをすることが3回続きました。ただ、彼の家に私を招待してくれなかったんですね。どんなところに住んでいるのか気になったので、『今度は、とおるさんの家に行ってみたいわ』と言ったんです」

 すると、とおるさんはこう返してきました。

「今度招待しようと思って、家を片付けている最中なんだ。僕は掃除が苦手で、物が捨てられないタイプだから、部屋がすごい状態になっていて」

 そこで、ひなこさんは「それなら、お片付け、私も手伝おうか?」と提案し、翌週、とおるさんの部屋へ遊びに行くことになりました。

 ひなこさんは、私に言いました。

「部屋は、思っていたよりも片付いていたんです。『会社から帰ってくると、毎日遅くまで部屋を掃除した。いらないものは大量に捨てた』と言うんですね。私を部屋に呼ぶために頑張ってくださったのは、うれしかったんですけど…」

 ここまで言うと口ごもり、困惑した顔で続けました。

「床に敷いてあるカーペットが古びていてペラペラで、あちこちにシミがついているんです。差し出してくれた座布団もペシャンコで、こちらにも食べこぼしのシミがついていました。カーテンもヨレヨレ。こんなところで暮らしているのかと思ったら、気持ちが引いてしまいました」

 そこで私は、ひなこさんにこうアドバイスしました。

「これは、考え方ではないですか? とおるさんは『ひなこさんが来るから』と言って、部屋を大掃除した。それは、ひなこさんを大切に思ってのことですよね。カーペットも座布団もシミだらけ、カーテンもヨレヨレということは、それまで、その部屋には他の女性が入っていなかったということですよ。結婚したら、新居は2人で探すだろうから、家具や雑貨、カーテンはそのときに新調すればいいのではない?」

 ひなこさんは迷いが吹っ切れたのか、「そうですね」と言って、帰っていきました。そして、そこから1カ月後に成婚退会をしていきました。

 男性だけではありません。女性でも物が捨てられず、整理整頓が苦手で“汚部屋”に住んでいる人たちがいます。

 婚活を成功させるためには、住んでいる環境を整えることも大切です。身も心も部屋も断捨離して、スッキリしましょうね。