「LIFULL」(ライフル、東京都千代田区)が運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」が、一都三県におけるファミリー向き賃貸物件を対象とした「人気の上がった駅ランキング(ファミリー編)」を発表しました。今回は「千葉県」です。

1位は「航空関係者」の需要も反映?

 対象期間は2023年4月1日から2024年3月31日。同サイトに掲載されたファミリー向き賃貸物件(2DK、2LDK、3K、3DK、3LDK〜)の問い合わせ数を駅別に集計(一定以上の問い合わせ数がある駅を対象、物件数1000件未満の駅は除く)。なお、家賃相場は「築40年以内」「駅徒歩20分以内」「専有面積15平米以上100平米未満」の賃貸物件について、管理費を含む月額賃料から中央値を算出しています。

 千葉県の1位となったのは「公津の杜(こうづのもり)」(成田市)。家賃相場は6万8000円です。同駅は1994年に開業した京成本線で最も新しい駅。区画整理された街は、景観のよさでも知られています。ショッピングセンターや大きな公園があるほか、学校や保育園も整っており、ファミリー層にとっては住みやすいといえる駅です。

 なお、成田国際空港が発表する月別運用状況によると、2023年度の航空旅客数は前年度比171.9%と回復してきており、航空関係者の需要も反映されていることが推察されるということです。

 調査結果を受けて、LIFULL HOME’S総研 副所長・チーフアナリストの中山登志朗さんは「シングル編とは対照的に、交通利便性を最優先するのではなく、予算に見合った生活利便性と広さが確保できるエリアの物件を丁寧に検索していることが分かります」「いずれの路線も都心までダイレクトアクセスが可能であったり、他路線との相互乗り入れによって都心方面へのアクセスが良好ですが、ややローカル色のある庶民的な路線で、家賃相場も比較的安価に設定されている駅が多くあります」とコメントを寄せています。