ニラと思って「スイセン」を食べ…各地で食中毒が報告、どうやって区別する?

ニラと思って「スイセン」を食べ…各地で食中毒が報告、どうやって区別する?

「ニラを食べたら食中毒になった」という報告が、3月から4月にかけて各地の保健所に相次いでいます。実は、ニラとよく似ているものの毒性があって食べられない「スイセンの葉」を誤って食べてしまったもので、消費者庁が3月下旬に注意を呼び掛けたにもかかわらず、その直後に三重県と秋田県で食中毒が発生しました。過去には死者も出たというスイセンの葉。それほどニラと似ているのでしょうか。

自宅の畑のスイセンをニラと誤認

 三重県食品安全課によると3月29日、同県いなべ市の男性3人(家族)が、自宅の畑に生えていたスイセンの葉を、栽培していたニラと誤認して食べ、嘔吐(おうと)。3人とも救急搬送されたものの、回復したそうです。食品安全課の担当者に聞きました。

Q.3人が食べたのは。

担当者「ニラと思ったスイセンと肉の炒め物です。若干、まずくて苦いと思ったものの、違うものだとは気づかなかったそうです。味付けしたら、なかなか分からないようです」

Q.ニラを栽培していたとのことですが、スイセンも育てていたのでしょうか。

担当者「家庭菜園のような感じで、ニラもスイセンも植わっていることは分かっていたそうです。『大体、ここはニラ』と思っていたら、スイセンも増えて境界が曖昧になっていたようです」

Q.スイセンの葉の毒性は。

担当者「アルカロイドです。その中の『リコリン』というアルカロイドが主要な毒で、30分以内に嘔吐するというのが一番多い症状です」

 次に、秋田市保健所衛生検査課の担当者に聞きました。秋田市内のスーパーで、3月下旬、「ニラ苗」と表示されていたスイセンを市内の60代女性が購入。4月2日に調理して食べ、嘔吐の症状が現れたそうです。既に回復しています。

Q.当時の状況を教えてください。

担当者「ニラと思ったスイセンの葉を、チャーハンの具の一つとして加熱調理し、食べたそうです。10分ほどで嘔吐などの症状が現れ、自分で保健所に連絡し、病院に行って受診したとのことです」

Q.スーパーで販売していたそうですが、何店でいくつ売ったのでしょうか。

担当者「3店舗の産直コーナーに並び、計9つ販売されました。今回、食べて症状が出た女性のほかの購入者とも連絡が取れ、『食べないように』とお店から伝え、ほかに食べた人はいませんでした。7つはスーパーが回収し、1つは購入者自身が廃棄、あと1つは『スイセンとして育てます』と購入者が話していたそうです」

Q.生産者やスーパーは野菜については“プロ”のはずですが、なぜ間違って出荷・販売してしまったのでしょうか。

担当者「生産者は小規模な農家です。しかも、ニラが専門ではなく、自生していたスイセンをニラと思い込んでしまったそうです。たまたま、花が咲いていない葉っぱの部分をニラと思ったようで、ニラの出荷は初めてだったそうです。『ニラ』として売っていた産直コーナーは、スーパー側が場所を提供して、生産者が野菜などを置く形式で、生産物のチェックは特にしていなかったようです」

素人が育てたニラはスイセンに酷似

 消費者庁は3月27日の長官記者会見で、スイセンとニラの間違いなどについて注意喚起していました。消費者安全課の担当者に聞きました。

Q.注意喚起をした狙いは。

担当者「毎月1回、長官会見の場を使って、食品安全に関する注意喚起をしています。今回は、例年春先に有毒植物の誤認が発生するため、注意を呼びかけました」

Q.スイセンとニラを区別するポイントは。

担当者「『売られているニラと、庭に生えているスイセンは見た目が違う』という声がありますが、スーパーなどで売られているニラは、立派なニラです。葉の伸び具合やそろい方、農家の人たちの技術があって、立派な状態で束になっています。

素人が育てたニラや自生しているニラは、スイセンと非常に似ており、見た目だけでは区別は難しいです。ちぎって匂いをかいで、ニラの匂いがしなければ危ないと思って、食べないようにしてください」

Q.スイセンの花が咲けば区別がつきそうですが、食中毒の報告が多い時期は。

担当者「3月から5月にかけて、報告が多いです」

Q.三重県の事例では、畑でニラを育てていて、スイセンも生えていたそうです。スイセンとニラが混在して育つことは珍しくないのでしょうか。

担当者「状況がよく分かりませんが、家庭菜園などでは、だんだん根が広がってきて、境界線がぼやけることはあると思います」

Q.ほかにもこの時期、注意すべき植物はありますか。

担当者「ギョウジャニンニクと、毒性のあるイヌサフランも、よく似ているので注意が必要です。ニラとスイセンもそうですが、確実に判断できない場合には『採らない、食べない、売らない、人にあげない』ことを徹底してください」

 厚生労働省の公表資料によると、スイセンを誤って食べたことによる食中毒は、2008〜17年の10年間で47件報告があり、167人が発症、1人が亡くなっています。


関連記事

オトナンサーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索