夫に「離婚」を切り出された44歳女性、探偵と調停委員を敵に回して娘を奪われた顛末

夫に「離婚」を切り出された44歳女性、探偵と調停委員を敵に回して娘を奪われた顛末

 離婚成功の秘訣(ひけつ)は、周囲の人間を味方につけることです。例えば、「浮気の証拠」をつかむため探偵に依頼したり、「自分に有利に進むよう」弁護士に依頼したり、「早く調停をまとめるよう」調停委員に懇願したりして用意周到に進めるべきです。

 筆者は、過去14年間で1万件超の離婚相談を受け持ってきましたが、相談しにくる女性にはある特徴があります。それは、会う人、会う人とけんかをし、敵に回し、四面楚歌(そか)に陥っていること。離婚を考えているのだから夫と仲が悪いのは当然です。しかし、夫以外にも実家の両親や兄弟姉妹、職場の上司や同僚、相談先のカウンセラー、弁護士、そして裁判所の調停委員や裁判官との折り合いが悪いのだから困ったものです。

 例えば、親身に話を聞いてくれていた母親に「離婚」の2文字を口にした途端、態度を大きく変えられたり、医者に診断書をもらおうとして、「裁判所に提出するから」と言い出した瞬間から難色を示されたり、調停委員に「来月は仕事が忙しいから、再来月にしてほしい」と言ったら、「じゃあ、離婚やめれば」とさいを投げられたり…。

「私はこんなに頑張っているのに…なんで誰も分かってくれないの」

 今回の相談者、横尾亜理紗さん(44)は嘆きますが、「助けてくれて当然」というオーラを出しているように思えました。亜理紗さんはいかにも「お人よし」という感じ。離婚の件で精神的にかなり弱っているので、「誰かにすがりたい」という気持ちでいっぱいでした。だからこそ、周囲の人間をいとも簡単に信用してしまうのですが、まさか裏切られるとは思っていなかったのでショックは大きく、「昨日の味方は今日の敵」という現実を受け入れることができずにいたのです。

 夫ではなく、周囲の人間とけんかをしている間にどんどん時間が過ぎたのですが、何があったのでしょうか。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
横尾武治(48歳)会社員 
横尾亜理紗(44歳)専業主婦 ※今回の相談者
横尾恵(17歳)高校生

「探偵さんを信用して任せていたんです。それなのに…」

 亜理紗さんが探偵に「夫の尾行」を頼んだのは、至って自然な発想です。「愛情がなくなったから離婚してほしい」。夫はそうやって別れを切り出してきたのですが、離婚の理由が真っ赤なうそだということは、亜理紗さんにはバレバレでした。

「ゼッタイ、後ろにオンナがいるに違いない! ダンナが軽々しく言い訳できないようにしたい。だから、カンペキな証拠をゲットしたいんです」

 亜理紗さんはそうやって、浮気調査の1から100をすべて「探偵」に丸投げしたのですが、これが「不幸の始まり」でした。よく考えてみてください。おかしいと思いませんか。亜理紗さんと探偵は赤の他人ですし、まったくの初対面なのに全面的に任せるなんて。

亜理紗さんが焦っていた2つの理由

「大丈夫です。1週間あれば」

 探偵は亜理紗さんに対して力強く、そう言い切ったのですが、それから1週間が過ぎ、2週間が過ぎ、そして3週間が経過しても、探偵からの吉報は届かなかったのです。

 亜理紗さんに残された時間はわずかでした。「2つの理由」で焦っていたのです。1つ目の理由は離婚調停。夫が亜理紗さんの知らないところで家庭裁判所へ離婚の調停を申し立てており、1回目の調停まで1カ月を切っていたのです。

 2つ目は娘さんのこと。前の週、亜理紗さんは高校から呼び出されて、娘さんが学校に来ていないと告げられたそうで。受験を控えた大事な時期ですが、離婚寸前の父親と母親の間で板挟みにされれば、将来を悲観し不登校に陥っても無理はありません。できるだけ早く浮気調査を終わらせて娘さんの件に取りかからなければなりません。

 亜理紗さんは離婚調停の準備、娘さんの引きこもりに加え、探偵の不手際に悩まされるというトリプルパンチを食らわされた格好です。

「『かわいそうなアタシ』のために、探偵さんは人一倍頑張ってくれると信じていました。それなのに、なんで放置プレイされるの! ふざけないで!!」

 亜理紗さんが烈火のごとく怒るのも無理はありませんでした。結局、探偵から「例のもの」が届いたのは4週間後のことでした。しかも、これだけ首を長くして待ちくたびれたにもかかわらず、その中身は亜理紗さんをガッカリさせるのに十分でした。

「アタシが欲しいのは、ホテルやオンナの部屋の写真なんです。それがゲットできないんじゃ何のために依頼したのか分かりません!」

 なぜ、亜理紗さんはカンカンに怒っているのでしょうか。探偵が送りつけてきた写真には決定的な「手落ち」があったのです。具体的には、スーパーで楽しそうに買い物をしたり、夫の車に同席したり、一緒に会社から出てきたり…確かに「ただならぬ関係」なのは一目瞭然ですが、肝心の「肉体関係」が抜け落ちており証拠としては不十分なのです。

 さらに、亜理紗さんを奈落の底に突き落としたのは「請求書」です。何と写真と一緒に240万円の請求書が入っていたのです。確かに、亜理紗さんは探偵に依頼するとき、「1週間につき60万円」と説明されたそうです。しかし、1週間が過ぎた時点で、探偵から何の相談もなかったのです。尾行を続けるのか、それとも、ここでいったん止めるのか。あろうことか、探偵は勝手に尾行を続け、どんどん料金が上乗せされていったわけです。常識的に考えてどうなのでしょうか。そこで、亜理紗さんは探偵にこう言ったそうです。

「高いお金払っているんだから、ちゃんとやってください! そんなんじゃ、詐欺ですよ!!」

 しかし、どういうことでしょうか。亜理紗さんはあれだけ激怒し、探偵をしばき倒したにもかかわらず、240万円もの大金をすんなり払ってしまったのです。なぜなら、探偵が亜理紗さんの「心の弱み」につけ込んできたからです。「あと1週間あれば、奥さんの望むような写真を撮れるかもしれない」と。

最初は耳を貸してくれた調停委員

 亜理紗さんが、その甘い誘いが「助け船」なのか「泥船」なのか見分けることは不可能でした。不登校の娘を抱え、離婚調停のプレッシャーにさいなまれながら、夫の浮気の真偽を確かめなければならないので、もう頭も心もいっぱいいっぱいだったのです。

 亜理紗さんは240万円はもちろんのこと、さらに60万円(1週間の追加分)を上乗せして、即金で300万円を振り込んでしまったのです。それは、本当は娘さんの大学資金としてためておいたお金なのに。

 やはり、案の定でした。「三度目の正直」ではなく「二度あることは三度ある」だったのです。亜理紗さんはもう一度、探偵を信じてあげたのに、果報は寝てもやってきませんでした。さらに、1週間が経過しても音沙汰がなかったので探偵の事務所に電話をかけたところ、衝撃的なメッセージが流れてきたのです。

「お客様のおかけになった番号は現在、使われておりません」

 亜理紗さんが探偵の事務所を訪ねると、すでに「もぬけの殻」。文句を言いたくても、「言う相手」さえ存在しないという悲惨な光景でした。亜理紗さんはやることなすこと、すべて裏目裏目に出たのです。結局、「浮気の証拠」という強力な武器を得られないまま離婚調停の当日を迎えました。

「調停員さんは海千山千のプロでしょう。アタシと同じような人を見てきているでしょ?! きっとアタシの気持ちを分かってくれるはず!」

 亜理紗さんは、そんなふうに根拠のない期待を抱いていたのですが、渡りに船でした。調停委員は、亜理紗さんより一回り年上のオジサンとオバサンのペアだったそうですが、「大変だね」「かわいそうだね」「そうだよね」と亜理紗さんの嘆きに耳を貸してくれたのです。しかも、調停委員は夫のことを悪者扱いし、ボロクソにたたいてくれたのです。それもそのはず。若い女と一緒になるために妻子を「ポイ捨て」する、そんなクズの味方をするはずはないと最初は思っていたのです。

 しかし、亜理紗さんがうっかりNGワードを口走ったせいで、今まで温和だった調停委員が一気に凍りつきました。亜理紗さんは今度は何をしでかしてしまったのでしょうか。

「ダンナと直接、話をさせてほしい」

 亜理紗さんは、悪気もなく調停委員に頼んでみたのです。確かに、「夫本人の目を見てガツンと言ってやらないと気が済まない」という気持ちはよく分かります。調停の場合、同じ日時に妻だけでなく夫も裁判所に呼び出されており、同じ建物の別の部屋で待機しています。夫は目と鼻の先。直接会うことは可能といえば可能ですが、それとこれとは別問題です。

 もし、調停委員の目を盗んで夫婦だけで勝手に話を進めたら、どうなるでしょうか。調停委員は夫婦間の会話を把握できないので困ってしまいます。さらに「自分たちは信用されていないのか」とがっくり肩を落とし、やる気を失うでしょう。つまり、絶対に言ってはいけない「禁句中の禁句」なのです。

調停委員「それはダメ」
亜理紗さん「なんで?」
調停委員「ダメなものはダメ」
亜理紗さん「じゃあ、こっちで勝手にやりますから!」

 亜理紗さんは、またまたブチ切れてしまったのです。もちろん、「ダメな理由」を言わなかった調停委員にも多少の問題はありますが、目の前の相手を一刀両断してしまっては取り返しがつきません。

「大金を勝手に浪費する妻」のレッテル

「最悪でした!」

 亜理紗さんはそう振り返りますが、今まで関係が良好だった調停委員が一変。今度は夫に肩入れしたのです。

「いくら待っていても、どうせムダ! 早く離婚して楽になりなさいよ!!」

「お互い好きなんだから(浮気は)しょうがないじゃない。飽きるまで待つつもりなの?」

「ダンナさんの稼ぎなんだから、何に使おうがダンナさんの自由でしょ。何様のつもりなの!」

 調停委員が発する小汚い言葉の一つ一つに亜理紗さんは耳を疑ったそうです。まるで、浮気も生活費不足も離婚も、亜理紗さんのせいだと言わんばかり。信じていた人に裏切られたのでショック倍増でした。言葉の内容は事実無根であっても、です。

「ここ1カ月で300万円も出金しているようですね。一体何に使ったんですか」と調停委員に詰問され、亜理紗さんは答えに窮してしまったのです。まさか、「探偵にだまされて300万円をドブに捨てた」なんて口が裂けても言えません。

 結局、「大金を勝手に浪費する妻」というレッテルを貼られ、金銭感覚の狂った母に子どもを任せられないという結論に持っていかれ、娘さんの親権は夫が持つことに。亜理紗さんは最愛の娘さんを引き離されてしまったのです。

 ここまで、亜理紗さんの悲劇を見てきましたが、どう思われたでしょうか。探偵と調停委員に共通するのは、亜理紗さんと初対面だということ。多少でも面識があり、最低限の人間関係が存在し、人となりを理解していれば「この人のために頑張ろう」と思えますが、どこの馬の骨か分からない相手ならどうでしょうか。必要以上に頑張ろうとは思わず、最悪、「知らない相手だからどうなってもいい」とさいを投げられる危険もあります。

「かわいそうな私」をいくら演出しても、相手が必ず同情してくれるわけではありません。運悪く悪質な探偵につかまってしまった場合、「精神的に弱っているからだませそう」と餌食になるのがオチです。さらに、相手の立場を考えず、言いたい放題というやり方は「かわいそうな私」だからという理由で許されるわけではありません。

 相手が赤の他人ならば、自分がどのような状況でも、「相手はどう思うだろうか」とおもんぱかった上で言葉を選ばなければなりません。そのことを忘れて言いたいことを言ったらどうなるのか。調停委員の態度を振り返れば言わずもがなです。特に、他力本願で人のせいにしやすく、物事を俯瞰(ふかん)するのが苦手な人は、くれぐれも亜理紗さんの二の舞いにならないよう気をつけてください。


関連記事

オトナンサーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索