10月7日に「小室圭さんを批判できる人などいない 皇室へ『あるべき論』を押し付ける権利はない」を寄稿しました。この記事は多くの人に読まれ、Yahoo!ニュースではアクセスランキング国内1位、コメントランキングは総合1位を記録しました。ところが、ヤフコメは誹謗(ひぼう)中傷の嵐となりました。建設的なコメントなど一つもありません。筆者はアセスメントの専門家でもあるので、なぜ人は陰口をたたくのか解説したいと思います。

人はなぜ陰口をやめられないのか

 ネットニュースを書き始めて10年以上になります。炎上に巻き込まれることもあり、明治大学の研究室宛てに脅迫メールが届くこともあります。一般企業で考えれば、まったく縁もゆかりもない他人から、経営者に名指しで脅迫が行くようなものです。このようなメールを送ってどのような影響があるか考えられないのでしょうか。送信元メールヘッダーの調査をしていますけどね。

 中でも熱いのが「ヤフコメ」です。罵詈(ばり)雑言が並びます。「このバカ死ねや」「基地外コラムニスト」みたいな書かれ方をします。建設的な書き込みは一つもなく、議論の役割はまったく果たしていません。「悪質なコメントは情報公開請求をする」とつぶやいたところ、掲載2日後にコメントの約2割が削除されていました。だったら、最初から書き込むなと申し上げておきます。

 ヤフコメの残念なところは、ひたすら感情論で毒をまき散らかすことです。ヤフコメで毒をまき散らかすのが生きがいとはなんと残念な人生でしょうか。もっと、楽しく生きることを見つけたらいかがでしょう。

 世の中には不思議なことに「他人の陰口」ばかりをたたく人がいます。このような人には強いコンプレックスがあります。自分が劣っていることに気が付くと、情動のパニック(感情のパニック)が発生して矛先が他人に向いてしまいます。そして、相手のネガティブな部分をわざわざ取り上げて陰口に変換するのです。

 嫉妬心が強い人も「他人の陰口」が多くなります。他人に対して「うらやましい」「いいな」「ずるいな」という感情を抱くと同じように情動のパニックを起こしてしまいます。「他人の不幸は蜜の味」とはよく言ったものです。蜜の味を感じるとガスを発散せずにはいられないのです。この発散行動は衝動的に行われます。

発信者を特定することは難しくない

「陰口」はストレスがたまったときほどたたきたくなります。スッキリしますが、それは一時的なものです。結果的にデメリットしかありません。自分の放つ言葉は自分に跳ね返ってくるからです。

 脳科学では、脳は主語を理解できないとされています。他人に「ありがとう」と言うことは自分に対して感謝することと同じです。他人に「この野郎! 死んでしまえ」と言うと自分に対して「死んでしまえ」と言っていることと同じなのです。他人の「陰口」は自分自身も傷つけることになりますから注意が必要です。そうならないように、いい言葉を使ってみましょう。いい言葉を使えば、そんなネガティブなあなたもきっと「HAPPY」になれるはずです。

 人生が充足している人は他人の人生に関心がありません。相手を批評することに意味を感じることもなく、無駄であることも理解しています。人生の貴重な時間を使って他人の陰口や批評にいそしむ人は、自分の人生に充足していない人たちなのでしょう。他人の人生が異常なほど気になる「気の毒な人」ということになります。人生の時間の無駄を重ねるのはやめましょう。

 誹謗中傷は相手を傷つけます。「本当だから言っても問題ない」「これは事実なんだ」と主張しても通りません。人前で相手が嫌がることをするのは道徳的にも間違っています。韓国では、ネットの誹謗中傷でタレントが自殺するなど大きな社会問題になっています。心無い誹謗中傷で人が死ぬ可能性すらあることを理解しなければいけません。

「事実だから問題はない」「誹謗中傷される人に原因がある」「死んでしまう人が弱い」などと主張する人もいますが、誹謗中傷を肯定する理由にはなりえません。

小室圭さんの立場は変わっていない

 さて、小室圭さんが2019年1月22日に発表した文書には次のように書かれています。

「多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました」

 小室圭さんが置かれている状況は家庭の影響が大きいと思いますが、彼自身の責任ではありません。出自や家庭環境などで人は差別されることがあってはいけません。

 日本国憲法では「基本的人権は、侵すことのできない永久の権利」(第11条)であることが規定されています。「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」(第13条)、「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」(第14条)と「法の下の平等」を定めています。

 また、「人種差別撤廃条約」(第20回国連総会採択、日本は1995年に加入)では「人種差別」を「世系」「民族」「種族」などに対する差別を含むものと定義しています(※詳しくは外務省HP参照=https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/index.html)。

 宮内庁のHPには、平成29年9月3日宮内庁長官発言要旨として次の記載があります。

「小室圭氏は、眞子内親王殿下のご結婚の相手にふさわしい誠に立派な方であり、本日お二方のご婚約がご内定になりましたことは、私どもにとりましても喜びに堪えないところでございます。この度のご婚約ご内定に当たり、お二方の末永いお幸せをお祈りいたします」(宮内庁長官発言要旨、平成29年9月3日=https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/gokekkon/konyaku-tyokanhatsugen.html)

 平成30年2月7日には、次の発表がなされています。

「眞子内親王殿下の納采の儀を始めとするご結婚関係儀式等は、後日に延期することとなりました。変更後のご日程については改めて発表することといたしますが、来年は一連の重要な儀式等が執り行われることから、それら一連の儀式等が滞りなく終了した再来年になる見込みです」(眞子内親王殿下のご結婚関係儀式等のご日程の変更について、平成30年2月7日=https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/gokekkon/konyaku-enki.html)

 以上が公式見解です。つまり、小室圭さんは眞子内親王殿下の婚約者であることに何ら変わりはないのです。