ラグビーのテレビ観戦は4割に! W杯日本代表の快進撃でファン急増

ラグビーのテレビ観戦は4割に!   W杯日本代表の快進撃でファン急増

 ここまで本当によく頑張ってくれたラグビー日本代表。初ベスト8という快挙を成し遂げた彼らに、スタジアムで、街角のライブビューで、そしてテレビの前で声援を送った人々のなんと多かったことか。「ラグビーに関するアンケート調査」(カルチュア・コンビニエンス・クラブ/東京)によると、今回のW杯開催でラグビーに興味を持つ人が増え、今までテレビでラグビー観戦した人は4割に上ったことが分かった。

 18〜69歳の男女1,501人を対象に調査。好きな球技を尋ねると、1位は野球、2位サッカー、3位テニスで、ラグビーは6位。だが、W杯開催で「ラグビーに興味を持った人」は3割で、観戦したい、今まで以上に好きになったなど、気持ちの変化があった人が少なくない。特にラグビーに興味があるのは男性50〜60代で、6割に上った。

 注目している日本代表選手の1位はリーチ マイケル、2位松島幸太朗、3位福岡堅樹。ラグビーで知っていることを尋ねると、「得点方法」(30.1%)、「日本のランキング」(20.8%)、「世界1位の国」(18.3%)だった。


関連記事

オーヴォ [OVO]の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る