マツダ新型車「MAZDA CX-30」にパイオニアのスピーカー採用

マツダ新型車「MAZDA CX-30」にパイオニアのスピーカー採用

パイオニアは、同社製スピーカーがマツダの新型車「MAZDA CX-30」のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に採用されたことを発表。5月に発表された「MAZDA3」に続き、2車種目の採用となる。

同社の音響技術やノウハウを用いて、マツダのサウンドアーキテクチャに基づいたスピーカーレイアウトを組み合わせることで、原音に忠実でクリアな音質を実現するとしている。

オーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」は8個のスピーカーで構成。Aピラーの2.5cmトゥイーターを2基、フロント/リアドアに8cmミッドレンジを2基、カウルサイドに12cmボックスウーファーを2基搭載する。

高音質パーツの採用に加え、ウーファーをフロントドアではなくカウルサイド(車両前方コーナー)に設置し、最適化することで音の伝搬効率を向上。またノイズも大幅に低減するという。


関連記事

PHILE WEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索