ティグロンは、ロシアンバーチ材を活用した仮想アース機能つきオーディオボード「TMB-DR20E」を発売する。マグネシウムアースケーブル「D-REN Earth」も付属して、価格は39,600円(税込)。2月発売予定。

「TMB-DR20E」は、フラグシップオーディオラック「グランドマグネシア」に使用している高級ロシアンバーチ材に、2mm厚のピュアマグネシウム、6mmのMDFを加えた3層ハイブリッド構造を採用。旧モデルの「TMB-10E」よりマグネシウム板材の純度をさらにアップし、振動吸収性能を高めているとしている。なお、高級ロシアンバーチ材の厚さは12mm。

さらに、マグネシウムアース線「D-REN Earth」が付属しており、仮想アースとしても使用できる。「D-REN Earth」は、ラインケーブル「TPL-2000RX」と同等のDF-OFC導体と絶縁体を採用。外装シースにはチューニングスペーサー「D-REN pro」の技術を搭載した構造に加え、「HSEトリートメント処理」も実施。このアース線を、ボードと機器の間に接続することで使用できる。

サイズは470W×425D×20Hmm、質量は3.3kg。なお「D-REN Earth」の単売もあり、こちらは40cmで13,200円(税込)となっている。