完実電気は、同社が取り扱うSilent AngelのWi-Fi/Bluetooth対応ネットワークストリーマー「B1」と、そのDAC非搭載モデル「B1T」を6月2日より発売する。価格は共にオープンだが、B1は税込79,200円、B1Tは税込67,320円での実売が想定される。

Wi-FiとBluetoothによるワイヤレス再生に対応し、Amazon Music HD/TIDAL/qobuz/Spotify Connect/Airplayをサポート。DLNAにも対応するため、ネットワークストレージ内の楽曲も再生可能となっている。

電源はオーディオ用にカスタマイズされたものを、アナログ/デジタルで回路別に搭載。さらにI/O分配回路/CPU/DACと電源の基板を分けてノイズ対策を実施したほか、ブランドオリジナルテクノロジーの「EMIアブソーバー」を各基板に配置したことで、筐体内部で発生する電磁ノイズを吸収し、音楽データへの影響を極限まで抑え込んだという。

デジタル出力はAES/EBU、I2S、同軸デジタル(192kHzまで)を搭載。BluetoothはVer.4.2、コーデックはSBCに対応する。また、専用のiOS/Android用アプリ「VitOS Lite」から操作が行える。

B1には上位モデル「M1」と同じ高音質DACを搭載するとともに、RCA出力と6.3mmヘッドホン出力を装備する。ヘッドホンアンプ部はディスクリート設計の電流帰還型とし、高いドライブ能力を実現したとのこと。

両モデルとも外形寸法は155×110×50.4mmで、質量は0.9kg。