完実電気は、同社が取り扱うSilent Angelのオーディオ用スイッチングハブ新製品「N8 Pro」「N8 Pro CLK」を、6月2日より発売する。価格は共にオープン。

同ブランドのオーディオ用スイッチングハブ「N8」の上位モデルとして、さらなる高性能化を行ったという製品。大容量、高音質化傾向にあるネットワーク上の音楽/映像データを、クオリティを損なわず、ハイエンドオーディオの品質で機器へと送り届けるという。なお、N8 Pro CLKは外部クロックに対応したモデルとなる。

電源回路には高品位なスイッチング電源を採用し、正確なパワーサプライを実現。また高能率なDC/DCコンバーターと低リッピングLODリニアレギュレーター回路により、リップル電圧を28mV(Vp-P)以下におさめ、シャーシ内の温度上昇を抑制。安定した環境のもと、抜群のパフォーマンスを実現するとしている。

RJ45規格で1Gbps対応のゴールドメッキ・イーサネットポートを8系統搭載。各ポートの間隔を5mmずつ空けることで、ケーブル同士の接触や干渉を防止している。ジッターも汎用ハブの約半分程度となる-368psまで抑え込んでいるとのこと。

さらに、正確かつ安定したデータ転送のため開発した、オリジナル・インターナル・クロック「Silent Angel TCXO」を搭載。筐体内での温度変化に左右されない正確な水晶発振を実現し、正確なデータ転送と共にジッターの低減も実現。一般的なTCXOと比較して80%以上高く、一般的な水晶発振器と比べて500倍の精度を実現している。

また、新開発の高性能EMIアブソーバーをボトムに設置しており、基板から発生する電磁ノイズ(EMI)を吸収。音楽や映像データへの影響を極限まで抑え込んだという。

先述の通り、N8 Pro CLKは外部クロックの入力にも対応。BNC端子を搭載しており、入力周波数は10MHz、入力インピーダンスは50Ω/75Ωとなっている。

両モデルとも外形寸法は441×51×175mmで、質量は2.6kg。