アップルは、完全ワイヤレスイヤホン「AidPods」の最新モデルとなる「AidPods(第3世代)」を発表した。10月26日に発売、本日より予約受付を開始した。価格は23,800円(税込)。

フィット感の高い新デザインを採用。従来の第2世代機からステム部分を短くしており、デザインはAirPods Proに近いが、カナル型ではなくイヤーピースはつかない仕様だ。本体および充電ケースはIPX4の耐汗耐水性能を備えた。チップにはH1ヘッドフォンチップを採用している。

機能面では、AirPodsとして新たに空間オーディオに対応したほか、内蔵マイクによって装着者の耳に合わせてサウンドを調整するAdaptive EQ(アダプティブイコライゼーション)を採用。感圧センサーを備えており、ステムをつまむことで操作が行える。また「探す」機能にも対応している。

一方でアクティブノイズキャンセリング機能は非搭載で、外音取り込みも備えない。機能を絞ったAirPods Pro、といった内容となっている。なお、AirPods(第2世代)は16,800円(税込)でAirPods Proは30,580円(税込)であり、価格はその中間に位置づけられた。現時点では第2世代も併売するようだ。

音質を強化しており、力強い低音と軽やかな高音、歪みの少ない音楽再生を実現するという新ドライバーを専用設計した。専用のカスタムアンプも搭載する。また通話にも配慮し、風の音を拾わないよう、マイク部はアコースティックメッシュでカバーしている。

バッテリーも強化され、シリーズで最長となる最大約6時間再生に対応。充電ケースから4回のフル充電が可能で、最大約30時間動作する。また5分の充電で約1時間再生できる急速充電に対応。MagSafeとワイヤレス充電もサポートする。