ソニーマーケティングは、使用環境の明るさに合わせた画質自動調整機能などを新たに搭載した業務用レーザープロジェクターの新モデル「VPL-FHZ85」「VPL-FHZ80」の2モデルを、2022年の1月18日に発売する。価格はオープンだが、「VPL-FHZ85」が税込1,100,000円前後、「VPL-FHZ80」が税込990,000円前後での実売が予想される。

両モデルとも、本体に内蔵された照度センサーが周囲の明るさを検知し、自動で画質設定を調整する「アンビアンス機能」を新たに搭載。また、入力映像信号をピクセル単位で検出し、各信号レベルに応じて最適な信号処理を行う「ブライトビュー機能」と連動することにより、明るい環境下でも鮮やかで、色再現性に優れた映像を投写するとアピールする。

入力された映像をデータベース上の最適な画像と照合する「リアリティクリエーション」が改良され、オリジナルの映像信号の質感やデティール、さらにはデータ編集や伝送時に失われた情報も復元し、写真や映像の鮮鋭感や美しさを再現すると説明。また、新たに細かい文字や線などを強調する「リアリティテキスト機能」を追加され、文字資料や表計算資料もハッキリ投写することが可能になったという。

使用環境に最適化した映像投写を可能にする「インテリジェントセッティング機能」も向上し、使用時間に応じてレーザー出力の制御と冷却システムを自動調整し、長期に渡り明るさを維持した使用が可能とアピール。また、「会議室/教室」「美術館」「娯楽施設」「マルチスクリーン」の4つのプリセットモードを搭載。設置場所に応じて切り替えることで、画質や光源出力レベル、冷却システムを自動調整し、使用環境に適した映像の投写が可能としている。

レンズシフト機能は、上下方向にスクリーン全高の70%〜−5%、左右方向でスクリーン全幅の±32%を備え、柔軟で効果的な設置が可能。様々なスクリーンサイズや投写距離にも対応する6種類の別売りレンズも用意する。また、設置時の設定を別のプロジェクターにコピーし活用できる「データクローニング機能」も新たに搭載する。

4K 60Pの入力に対応し、4Kコンテンツを分配し、他の4Kフラットパネルディスプレイと併用も可能。明るさは、「VPL-FHZ85」が7,300ルーメン、「VPL-FHZ80」が6,000ルーメンと従来モデルよりも向上。画面解像度は両機ともWUXGA(1,920×1,200)。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開で、ブラックは受注生産となる。