合同会社地球世界は、同社取り扱いブランド「Questyle(クエスタイル)」より、ポータブルUSB-DAC「M15」を7月1日(金)に発売する。価格はオープンだが、税込36,100円前後の実売が予想される。

従来機の技術を引き継いだ同社ポータブルUSB-DACのフラグシップモデル。「M12」にも採用されるSiP電流モードアンプモジュールを2基搭載し、計4つの電流モードによる高い出力と駆動力を実現する。最大1MHzの帯域幅と、THD+N 0.0003%の低歪を実現するほか、同社ラボのテスト環境では、-130dBの超低ノイズフロアを計測するなど、高いディテール再現性をアピールする。

DACにはESS「ES9281AC」を採用し、PCM最大384kHz/32bit、DSD 256や、MQAの再生に対応する。また、本体の状態をLEDのカラーで表示するステータスインジケーターを搭載し、現在再生中のオーディオフォーマットや、サンプリングレートを視覚的に確認可能となっている。

入力はUSBType-Cを採用、出力はクアドラプル駆動力電流モードアンプモジュールを搭載することで、3.5mmステレオと4.4mmバランスの2系統を装備。手動ゲインバーによる調整に対応する。

また、低電力消費で発熱を低減する「TOREX高効率電力管理」を採用することで、本機使用の際、接続先デバイスのバッテリー消費を抑えることができるという。

本体素材にはマットCNC陽極酸化アルミニウム合金と透明ガラスを使用。接続機器はAndroid5.0以降/iOS/Windows10 Ver.18.3以降/Mac OSとの互換性をサポート。iPhoneとの接続には別売のLightning to Type-C OTGケーブルを使用する。

外形寸法は、81.2W×61.8H×27.2Dmm。付属品としてType-C to Type-Cケーブル、Type-C to Type-Aケーブルを同梱する。