リアルアシストは、同社取り扱いブランドSee audioより、BAドライバー、静電ドライバー搭載のハイブリッド型IEM「Kaguya」を7月下旬に発売する。価格は187,000円(税込)。

Sonion製のドライバーユニットを計8基搭載する同社フラグシップユニバーサルIEM。高域部にはSonion社製次世代型静電ドライバー「EST65QB02」を4基装備しており、本モデルの開発について「超高域での同ドライバーの能力を引き出すべく長い開発期間をかけた」と、同社は説明している。

そのほかのドライバー構成は、低域にBAドライバー“38シリーズ”より、開口部が拡張された「38D1」を2基搭載。特別に採用されたローパスフィルター回路や、フロントダンピングとキャピラリーチューブの周波数分割方法により、クリーンな低域再生を実現したという。また、中域用のBAドライバーには“23シリーズ”のユニットを2基搭載。ボーカルの距離感や歯擦音対策を完全にコントロールしているとのこと。

付属ケーブルは、6NリッツOCCシルバープレイテッドを採用。イヤホン接続コネクターに2pin端子、プレイヤー側端子に3.5mmステレオ端子を装備する。再生周波数帯域は20Hz - 40kHz、インピーダンスは28Ω、感度は103dB±1dB。