Beats by Dre(Beats)は、日本のファッションブランド WACKO MARIA(ワコマリア)とコラボレーションしたBluetoothイヤホン、Beats Flex「WACKO MARIA Leopard Limited Edition」を12月3日より発売する。

WACKO MARIAのフラグシップショップ「PARADIWE TOKYO」および「WACKO MARIAオンラインストア」にて販売される。価格は11,000円(税込)。

BeatsのBluetoothイヤホン「Beats Flex」をベースモデルに、WACKO MARIAブランドの象徴であるレオパード柄をデュアルカラーのケーブルにあしらったリミテッドエディション。

発売に合わせて、人気ヒップホップ・グループ「舐達麻(なめだるま)」が本モデルを着用して登場するキャンペーン動画も初公開された。新保拓人氏が撮影を担当し、動画内BGMには舐達麻の新曲『BLUE IN BEATS』が起用されている。

小浪次郎氏撮影による、本モデルを着用した舐達麻の製品イメージ写真も公開されている。

べースモデル「Beats Flex」は、デュアル・チェンバーの音響構造と独自の複層構造ドライバーを採用するイヤホン。ケーブルには耐久性に優れたニチノール製を採用。イヤホン部はマグネット式で、耳に装着すると自動で再生、首の周りでイヤホン同士をくっつけると自動で一時停止する機能を備えている。

Class 1 Bluetoothテクノロジーの採用により音切れに配慮。風切音の低減機能を備えた内蔵マイクでクリアな音声通話も可能だ。Apple W1チップ搭載によるiPhoneやiPadとの連携や対応モデルとワイヤレス接続したオーディオの共有も可能となる。

WACKO MARIAは「MUSIC IS THE TRIGGER OF IMAGINATIONS」のコンセプトのもと、2005年に設立された日本のファッションブランド。音楽を常に根底に置き、上質でロマンティックな、色気を感じさせるスタイルを提案するデザイン性が特徴。舐達麻をはじめ、著名人やミュージシャンから愛用されていることでも知られている。