「PlayStation Now」が18歳以上限定サービスに

「PlayStation Now」が18歳以上限定サービスに

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、同社が提供するストリーミングゲーム提供サービス「PlayStation Now」について、2019年10月より18歳以上を対象としたサービスへと変更することを発表した。

現在PlayStation Nowには国内で400タイトルを超える幅広いジャンルのゲームソフトが提供されている。今回、そのラインナップに新たにCERO Zレーティング対象タイトル(対象年齢18歳以上)が追加されることが決定。それに伴い、サービスそのものが18歳以上対象に変更される。

変更にあたり、2019年9月30日に現行サービスの提供が一旦停止される。10月以降、PlayStation Nowを利用するには、年齢確認のため、同月より改めてPlayStation Storeや店舗にて販売するPlayStation Now利用権を購入する必要がある。またPlayStation StoreでPlayStation Nowの利用権を購入する際には、年齢確認のためクレジットカードによる決済が必要となる。

なお、2019年9月30日の現行サービス停止時も有効な利用権を持っている場合は、その利用権を購入した際の金額と同額を、10月上旬までにPlayStation Networkのウォレットにチャージすることにより返還するとしている。

また、2019年9月17日をもって、PlayStation Storeで提供していたPlayStation Now利用権および7日間無料体験については提供が停止されている。


関連記事

PHILE WEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索