アサヒビールは、4月6日からコンビニで先行発売、4月20日から全国で発売していた「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」について、6月15日に数量限定で再発売すると発表した。価格はオープン。

発売後に、高い人気から売り切れが続出。供給量が追いつかないとして、一時休売していた。

なお、6月15日以降の発売日に関しては、現時点では未定とのこと。アサヒビールでは「引き続き、お客さまならびにお得意先さまには、多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」とコメントしている。

アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶は、開栓するときめ細かい泡が自然に発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる商品。缶のふたが全開することで“生ジョッキ”感を再現する開栓部は、飲料缶では初採用となるダブルセーフティー構造を採用。手や口を切る恐れがなく、安心して飲用できるとしている。