オウガ・ジャパンは、OPPO製スマートバンド「OPPO Band Style」を、4月23日より発売する。価格はオープンだが、税込4,480円前後での実売が予想される。

約10.3g(ストラップ含まず)と“付けていることを忘れるほど軽量”ながら、血中酸素濃度測定や睡眠モニタリング、12種類のスポーツモードなどの機能を備えるスマートバンド。本国ではすでに販売されており、ユーザーからの要望に応え、日本での展開を開始するという。

睡眠モニタリングは24時間の常時測定に対応するため、昼寝や日中に睡眠を摂る場合でも使用可能。深い眠り/浅い眠り/目覚めている状態の3パターンで記録され、睡眠の質の評価をしてくれるという。

運動時の記録が行えるスポーツモードは、スイミングや屋外/屋内ランニング、ヨガなど12種類を搭載。5気圧の防水性能を備えるため水泳にも使用可能で、記録と同時に「やる気を引き出してくれるため、効率的なワークアウトが行える」としている。

これらの測定結果は、専用スマホアプリ「HeyTap Health」と連携することで一元管理が可能。現時点ではAndroid版のみ配信されているが、iOS版も5月初旬以降にリリース予定だという。

ディスプレイは1.1インチのアクティブマトリクス式有機ELを採用。文字盤は40種類以上から選択でき、自分で撮った写真を使ってオリジナルの文字盤を作ることも可能。1度の充電で最大12日間の連続使用が可能だという。ほかカメラコントロール機能なども備える。

ブラック/バニラの2カラーをラインナップしており、デフォルトの「スタイルストラップ」に加え「スポーツストラップ」を同梱。ウッドゴムバンドとステンレスバックル、アルミ合金留め具のスタイルストラップはしなやかで装着しやすく、フォーマルな場にも馴染むデザインだとしている。スポーツストラップはバンド部にTPU、留め具にアルミ合金を採用する。なお、現時点でアクセサリー製品の発売予定はないとのこと。