アップルは、Apple Watchの「watchOS 8.1」を一般ユーザー向けに提供開始した。

今回のアップデートでは、Apple Watch Series 4以降のモデルで、ワークアウト中のみ転倒検出を有効にするオプションが追加された。また新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種カードへの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットから提示することが可能になる。

ほか、Apple Watch Series 5以降のモデルで、一部のユーザーで手首を下ろしている際、“常にオン”で時刻が正確に表示されない場合がある問題が改善されている。