NECは、ゲーミングPC市場への再参入を発表。タワー型ゲーミングデスクトップPC「LAVIE GX」を7月14日から発売する。価格はオープン。直販サイトでは本日7月5日から受注を開始する。店頭モデルは「PC-GX750」と「PC-GX550」の2種類を用意し、上位機「GX750」が税込302,280円前後、もう一方の「GX550」が税込219,780円前後での実売が予想される。

同社では「PC-9801」をゲーミングPCだったと考えており、今回はゲーミングPCへの “再参入” だと説明。PC-9801発売から40周年を迎えるこのタイミングでの発表にしたという。

ファミコンなどで育ってきたレトロゲーマー世代や、ゲーム実況などでゲーミングに興味を持ったZ世代といった、エントリー層のゲーミングユーザーをターゲットに設定。購入してすぐ使えるよう、XboxワイヤレスコントローラーやUSB-Cケーブル、チャットができるヘッドセット、Xbox Game Pass Ulitimateの3ヶ月無償利用権などを同梱するほか、ゲームに関する質問を24時間365日電話で問い合わせできる「LAVIEゲーミングサポート」サービスを1年間無償提供する。

スペック面では第12世代インテルCore i7-12700Fプロセッサー、NVIDIA GeForce RTX 3060グラフィックスプロセッサー、16GBメモリ、Gen4の高速SSDなどを搭載。2.5G BASE-T対応の高速LANなども備えている。

店頭モデル「GX750」と「GX550」の違いは、CPUやグラフィックス、ストレージ容量など。上位機「GX750」はCore i7/GeForce RTX 3060/SSD 1TBであるのに対し、「GX550」はCore i5/AMD Radeon RX6400/SSD 512GBとなる。メモリは共通で16GB。

Display Portが「GX750」は3基、「GX550」は1基であるのも両機の違い。HDMI端子は両機とも1系統を装備している。

そのほか端子類にはUSB 3.2 Gen1のType-CとType-Aを1基ずつと、USB 3.2 Gen2のType-Aを1基、USB 2.0端子を4基装備。ラインアウトなども備えている。

直販モデルでは、メモリを32GBや8GBに変更したり、ストレージをSSDとHDDとのハイブリッド構成にすることなどが可能。Wi-Fi搭載やXboxコントローラー同梱などを省略することなどもできる、

PC-9801などの約1,000タイトルのレトロゲームが楽しめる「プロジェクトEGG」(提供元:D4エンタープライズ)で利用できる3,000ポイントがもらえるほか、無料で160タイトルがプレイできるキャンペーンも実施。7月5日 - 10月31日までの間に本機を購入してプロジェクトEGGにエントリーすることで、ポイントや無料プレイの特典を利用できる。

加えて、本機購入先着500名にカプコンの「モンスターハンターライズ デラックス・エディション」(Steam版)のダウンロードコードをプレゼントするキャンペーンも実施。こちらは7月5日 - 8月28日までの期間でキャンペーンを行う。

NECパーソナルコンピュータ執行役員の河島良輔氏は、今回の新製品が、およそ4年前に発表した「Project炎神(エンジン)」からの流れにあるものだと説明。同プロジェクトは、PCゲーム人口の裾野拡大やPCゲームのUXトランスフォーメーション、PCゲームのエコシステム活性化を狙ったもので、2年前のCESで試作1号機「LAVIE MINI」を発表していたが、別の形で正式製品が発表された格好だ。

プロジェクト炎神の総合プロデューサーである森部浩至氏は、今回のLAVIE GXのターゲットユーザーを上述のとおりレトロゲームで育った世代やZ世代に設定したことに触れ、そうした世代がこれからPCゲームを始めたいときに最適なのがLAVIE GXだとアピール。PCゲームに興味を持ったものの「何を買っていいいかわからない」「どのゲームを遊べばいいかわからない」「高額なので失敗したくない」という悩みを解決するのが本モデルだと語る。

また、前述のスペック面やサポート体制だけでなく、「五崩し」という和柄を取り入れた和モダンテイストを取り入れたシックなデザインも特徴だと説明。これにより、リビングなどにも違和感なく置けるモデルだともアピールした。

なお、同梱するキーボードやマウスはゲーミング仕様のものではなく、また、モニターは別途購入する必要がある。こうした点については「まずは入門ということで、キーボードやマウスは今後さらにこだわりたくなった場合に好みのものを探していただくほうがよいかなと考えた」とのこと。モニターについては今後、同社ゲーミング製品として展開していくかどうかを検討していくという。