「高齢者の病気」「現役のうちは関係ない」というイメージの強い認知症。しかし、認知症の専門医で『一生稼げる脳の作り方』著者の長谷川嘉哉氏は、40代・50代から始まる脳の「年齢的な衰え」への対策や生活習慣病の予防が、将来の認知症罹患リスク低減にもつながると指摘する。

※本稿は、『THE21』2023年1月号特集「40代・50代から衰える脳 伸びる脳」より、内容を一部抜粋・編集したものです。


「あれ?」という違和感を放置しない

皆さんの中に、最近「あれ?(何だっけ?)」と思うことが多い、という方はいませんか。

職場での会議や何気ない雑談の際、パッと固有名詞が浮かばずに「あれ」や「それ」といった指示語で済ませてしまう。スーパーに立ち寄ったときも、冷蔵庫に何が残っていたかよく思い出せない。もし自分は大丈夫という方でも、親戚や同僚で1人くらい、思い当たる人がいることでしょう。

もちろん、年を重ねて脳の働きが落ちるのは自然なこと。しかしそれを放置すれば、脳の衰えは加速するばかりです。職務遂行能力に影響するようになれば、勤労意欲や人づきあい、将来の収入にも影響しかねません。

実は、現役の認知症専門医として患者さんと接していると、認知症になるか否かを分けているのは「意欲」や「社会とのつながり」ではないか、と思える瞬間が多くあります。

要するに「年齢的な脳の衰え」に抗い、生涯意欲的に活動することこそ、40代・50代の方が認知症を予防する一番の近道なのです。

それでなくとも、今や定年後も何かのかたちで稼ぎ続けていかなければ、とても安心できない時代。生涯誰かに必要とされ、意欲的に過ごすためにも、ぜひ「あれ?」という違和感を逃さず、一生使える脳を作るための習慣を始めてみてください。


知的生産力を保つカギは「ワーキングメモリ」

そのためにぜひ注目していただきたいのが、脳の前頭前野が持つ「ワーキングメモリ」の重要性です。ワーキングメモリとは、ひと言で言えば「生産性」を司る部分。

入ってきた情報を一時保存し、脳に記憶されている他の情報と組み合わせることで、思考や判断、計算などの処理を行なっています。

例えば、取引先とのトラブル処理の際、過去の似た経験を思い出したり、社内の誰に助言を求めるか考えたり、どこまで妥協できるか思案したり……といった場合にフル稼働する部分、ということ。仕事を円滑に進め、平穏な暮らしを営むうえでの生命線と言っていいでしょう。

ところが、このワーキングメモリの機能は、「何もせずにいると50代で全盛期の70%程度にまで衰えてしまう」というデータがあります。

ここが衰えてしまうと、せっかく積んできた経験を十分に活かせないばかりか、判断力や計算力が衰え、仕事の質も低下。部下に何度も「矛盾する指示」をして人望を失う、ということもあり得ます。


思考の衰えを抑える3つの習慣

この衰えを抑えるためには、とにもかくにも「頻繁にアウトプットする」ことが重要です。

と言っても、そこまで大げさなことをする必要はありません。ぜひ意識してほしいのは「すぐやる、メモする、書き出す」という3つの習慣化です。これらは、より具体的に言うと次のようなことを指します。

・すぐやる……業務上で生じた課題には、できる限りその場で取り組む、済ませる習慣。

・メモする……すぐに対応できない場合も、現在の状況と対応の優先順位をメモに残し、他の業務中にあれこれ考えなくていい状態にしておく習慣。

・書き出す……時間のかかる難題は、頭の中でこね回さず、文章や図などに書き出しながら解決策を考える習慣。

こう聞くと、なんだそんなことか、と思われるかもしれませんが、これらを推奨する理由は大きく分けて2つあります。

1つは、ワーキングメモリの中核機能「外部からの要求に対して適切な記憶・経験を出力する力」を鍛えるため。

脳は使えば使うほど成長します。インプットだけ、考えるだけなどではなく、ぜひその内容を書類やメモに書き出し、時には人と直接話し合うなどして、出力回数を増やしてください。ちなみにワーキングメモリは「覚えたことをその場ですぐ出力する」場合も存分に働いています。

そしてもう1つは「ワーキングメモリのキャパシティを解放するため」です。

実は、人間のワーキングメモリは、どんなに優秀な人でも最大「7つ」までしか物事を処理できないと言われています。タスク管理や処理を脳内でばかり行なっていると、たちまちその枠は満杯になり、予期せぬミスや対応漏れにつながるのです。

つまり、先ほど「3つの習慣」を聞いて「あまりトレーニングっぽくない」と感じた方は大正解。この3つの習慣は、脳を「鍛えるため」のものであると同時に、「余計な負荷を軽減する」ものでもあるのです。

オーバーワークの状態を続けても、仕事の質が下がり、社内で孤立するばかり。鍛えられるものも鍛えられません。加齢による脳の衰えに対抗するには、脳を「効率良く使う」ことも重要なのです。


「デンタルケア」が一生使える脳を作る

また、健康面でも40代・50代で取り入れてほしいことが2つあります。「糖質制限」および「デンタルケア」です。

順番に説明しましょう。まず糖質についてですが、これはもちろん「肥満」と「糖尿病」を防ぐため。

まず、血管に大ダメージを与える糖尿病は、言わずもがな脳の天敵、認知症の明確なリスクファクターです。私は半ば本気で「糖尿病が日本を滅ぼす」のではとヒヤヒヤしています。

また、肥満についても「BMI(=体重÷身長の二乗)30以上」の人は、そうでない人よりも身体の衰えが約3年ぶん余計に進んでいる、という研究があります。もちろん過度な痩せすぎもNGですが、そちらの対策は現役世代の皆さんには、詳しく紹介しなくてもいいですよね(笑)。

とはいえ、現役のうちは、仕事のつきあいで飲みに行かねばならないこともあるでしょう。それに、過度な節制もストレスのもと。

そこで私が推奨しているのが、「一日一食だけ糖質制限」という方法です。朝食の惣菜パンを卵焼きとウインナーにしたり、昼食の白米をサラダにしたりなどの工夫を健康なうちから始めておくことで、生涯認知症と無縁な人生が近づきます。

次に「デンタルケア」に関してですが、これはとにかく、歯を失う大きな原因である「歯周病」のケアが大切。東北大学の調査によれば、70歳以上の「脳が健康な人」には歯が平均14.9本残っていたのに対して、「認知症疑いあり」の人ではたった9.4本だったとか。

「噛む」ことは脳への血流を増やします。生活の質を維持するという観点ではもちろん、脳のことを考えても、歯を失うわけにはいかないのです。

ぜひ現役のうちから定期検診に通い、フロスなどを使った口腔ケアに努めてください。歯周病は、インスリンの働きを阻害し糖尿病リスクを高めるという報告もあります。まさに「歯を守る」ことこそ「健康を守る」ための第一歩なのです。